iPhone6Sの不具合特集。画面・充電・通話などで・・・

皆さんは話題の新製品が出たらすぐに購入する派ですか?しばらく待って口コミを吟味する派ですか?特に最新技術を使用した電子機器は発売後不具合が報告されることもあって、なかなか気が抜けませんよね。

定期的に新モデルが発売されているiPhoneもそのうちの一つです。2015年の最新モデル「iphone6S」が9月25日に発売されましたが、現在のところ不具合は何が報告されているのでしょうか。画面や充電、通話に関する項目で調べてみましたので参考にご覧下さい。

iPhone6Sの不具合~画面編~

2015年11月30日現在確認されている画面に関する不具合は以下の通りです。

◯タップに反応しない、あるいは反応が悪い
原因は不明ですが、iPhoneのロックを外した後に動作が不安定になるケースが見られるようです。まれに画面そのものが不良品である場合も。画面そのものの不良はアップルストアに持ち込みましょう。

◯標準で入っていないアプリの一部がスムーズに動作しない
各アプリ自体の不具合ですので、各社の改善を待つしかありません。ユーザーの多いアプリほど迅速に修正版が出ます。

◯表示時間が早くなったり遅くなったりする
端末により起きたり起こらなかったりする症状です。

iPhone6Sの不具合~充電編~

iPhone6Sの充電に関する不具合は大きくわけて以下の2点あります。

◯唐突に電源がオフになる
はっきりした原因は不明です。

◯本体やホームボタンがやたらと熱くなる
iPhone6S以前にも見られた症状ですが、高性能化することで本体のCPUに非常に大きな負荷がかかっているせいだと考えられます。本体が熱くなってきたらカバーを外すなどして、自然に放熱させましょう。

iPhone6Sの不具合~通話編~

続いて、通話に関する不具合は以下です。

◯通知音が鳴らない時がある
OSの不具合である場合が多いので、最新のバージョンにアップデートすると症状が改善されます。

◯音割れする
アプリをたくさん起動させたままでメモリが足りなかったり本体に負荷がかかっている場合に起きます。

不具合が出たときの対処方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出典URL:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/iphone_6_curved_glass_563742.jpg

iphone6Sの不具合を調べましたが、どのケースでも対処法として共通するのは以下の3点です。

①強制再起動
電源ボタンとホームボタンを10秒以上長押しする

②公式サイトから問題を解決する
参考URL:iPhone、iPad、および iPod touch のハードウェア機能に関するサポート情報(https://support.apple.com/ja-jp/HT201401)

③パソコンやクラウドにバックアップしてからiPhoneを初期化してみる

以上の3つの対処法を試みても動作に問題がある場合は、お近くのアップルストアに持ち込んで修理を行うしかありません。ただし③の初期化を試した上で持ち込まないと、お店によっては門前払いされますのでご注意を。

まとめ

iPhone6Sの不具合の画面・充電・通話の面でご紹介しました。不具合の対処方法としては①強制再起動をかける②公式サイトで問題を解決する③初期化してみる、の3つがあります。

自分でどうにもならない時はアップルストアで診断して貰うしかありませんが、「データは自分でバックアップしておく」「初期化を試みる」この2つを試してから持ち込んだ方が手続きがスムーズです。あらかじめ知っておくと、もしもの際に安心して対処できますよね。

関連記事:iPhone6Sのメール設定が出来ないときの対処方法を説明します!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)