福岡にマイナンバーが届いていない!いつ届くの?

何かと話題のマイナンバー制度ですが、あなたの手元には届きましたか?「待てども待てども届かないんですけど」と思っているのは私だけではないはずです。

あまりにも遅いと郵便事故にでも遭ったのか心配になってきますよね。そこで、どうして通知が遅れているのか、いつ頃届くのか、福岡の場合を調べてみました。(2015年11月30日現在)

マイナンバー通知 なぜ予定より遅れているの?

「マイナンバー制度」とは国内に住む全ての人に12ケタの番号を交付する制度です。自分がどの番号を割り振られた知るためには、通知書を受け取ってから確認しなければなりません。まずこの通知書は、東京で作成・印刷されます。印刷後、各地域の郵便局に配達されます。郵便局からは簡易書留として各世帯に配達されます。

・東京から各地に発送するのが遅れている
・簡易書留のため確認作業に手間取り配達がなかなか進まない
以上の二点が遅れている大きな原因と言えます。

関連記事:マイナンバー制度とは何なのか?メリット・デメリットをわかりやすく解説します。

特に九州の46%の地域はまだ通知書の搬入さえ完了していない状況です。特に鹿児島県は80%以上も配達が完了していません(2015年11月17日時点)。通知書はまず各地域の郵便局に届けられます。その後郵便局から各家庭に配達されるまで20日前後かかります。個人情報保護の観点から郵便受けに投函するのではなく、本人に手渡しで配達するので、自宅を空けがちな方は更に時間がかかることが予想されます。

福岡県・福岡市はいつ頃届く?

 

まず、東京から福岡への通知状はいつ届くのでしょうか。調べてみると、すでに福岡市内は11月20日に搬入が終わっているそうです。通知カードがお住まいの郵便局に届いたかどうかは以下のサイトで確認できますので参考にご覧下さい。

参考URL:個人番号カード総合サイト → https://www.kojinbango-card.go.jp/cgi-bin/tsuchicard/jokyo.cgi#pref40

さて郵便局に届いた通知書はさらに各家庭への配達に20日前後かかります。つまりどんなに遅くても12月中旬までには手元に届くはずです。

ただし12月に入るとお歳暮や年内に間に合わせるための郵便物が倍増しますから、郵便事故の可能性は否めません。「年内には届くだろう」くらいののんびりとした気持ちで待つと良さそうです。

まとめ

マイナンバーは特に九州地方で配達が遅れています。原因は「①そもそも通知書が郵便局に届けられるまでに時間がかかっている」「②簡易書留で配達されるため時間がかかる」の2点です。

関連記事:マイナンバー制度は拒否できない!メリット・デメリットについて解説します!

福岡市内は11月20日に郵便局に通知書が届いています。その他の福岡県内の市町村も12月になる前に届いています。あとは各世帯に配達するだけですから、「いつ届くのか」と心配されている方も、2015年のうちには各世帯に届く予定です。大切な情報だからこそ慎重に取り扱われているんですね。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)