オメガ3脂肪酸の効果が素晴らしい!くるみを食べるだけでもOK!

友人に「身体に良くて、酒のつまみにもなる最強の食材はくるみ!」と聞きました。確かにくるみは美味しいけど、本当にそんなに効果があるのか疑問でした。そのため、半信半疑で調べてみると、今話題のオメガ3脂肪酸と密接な効果があることが判明しました。

確かにコレはダイエットにもオススメかもしれないと思ったので、みなさまにもお知らせします。

オメガ3脂肪酸の効果とは?

DHAやEPAなど、主に魚に含まれる成分をご存じですか。常温でも固まりにくい、さらさらとした脂で魚に多く含まれています。特に青魚は豊富にDHAを含みます。オメガ3脂肪酸とは、DHA・EPAと呼ばれる必須脂肪酸の総称です。必須脂肪酸とは、人間の健康維持に必要だと栄養学上で推奨されている脂を指します。これらは健康に欠かせない成分で、日本人の長寿の秘密とも言われ今世界中から注目されている成分です。

血流をスムーズにしますので動脈硬化を阻止でき、生活習慣病の原因を取り除き発症をおさえこみ、コレステロール値を低下させます。どの効果も魅力的ですよね。しかも健康だけではなく、アンチエイジング効果などの美容に効果があったり、うつ病抑制といった効果もあります。

オメガ3脂肪酸は色々な効果を持つ成分ですが、人間の体内で生成できません。そのため食べ物から取り入れる必要があります。

くるみのココがスゴイ!

plants_nuts_walnuts

出典:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/plants_nuts_walnuts_266744.jpg

オメガ脂肪酸3は効果は絶大ですが、調理の過程で本来の成分が食材から失われるのが欠点です。そこで加熱せずに摂取できる効果的な食べ物として、くるみがオススメです。一日に必要なオメガ脂肪酸3の摂取量は一日に1gと言われていますが、くるみ10gで1.2gのオメガ3脂肪酸が含まれているのです。ナッツ類ではぶっちぎりに含有量が高いと言えます。

オメガ3脂肪酸のひとつ、DHAと聞くと「青魚を食べるといいのよね」と考える方も多いですが、くるみは加熱せずに食べられますので他の食べ物よりも効果的にオメガ3脂肪酸を体内にとりいれられます。しかもくるみには血管内皮機能(血管壁を守るための機能)を強化する機能があるのです。血管を強化し、血行を改善してくれる機能があるくるみは、健康的に体内を強化する効果があります。

まとめ

オメガ3脂肪酸は生活習慣病や血管系の病気をはじめとして、美容にまで効果のある重要な成分です。身体の中で生成出来ない物質ですので、食べ物から体内に取り入れる必要があります。ですが加熱すると効果が減少してしまいます。

関連記事:オメガ3脂肪酸とは何なのか?アレルギーや摂取量などについて解説!

しかし、くるみは生のまま食べることがで来るので、含まれるオメガ3脂肪酸を効率よく体内に摂取することが出来ます。しかも血管系を強化する効能もありますのでぜひ日常的に食べたいですね。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)