JINSのレンズ交換に必要な料金やその評判について。

「もういい加減メガネを買い換えなければならない。」とは思っていましたが、ついに先日メガネが壊れてしまいました。覚悟を決めたものの、最近作っていなかっただけに、どのお店でメガネを作るべきかまだ悩んでいます。

近所にお店のあるJINSはいつもお客さんが多いので出かけてみようかと思いましたが、やはり料金や評判が気になります。そこでJINSについてレンズ交換などを含めて調べてみました。調べた結果を、皆さんにもご紹介しますね。

メガネチェーン店JINSってどんなお店?

JINSは「高品質・高機能メガネ」を「史上最低・最適価格」で提供することをモットーとしたメガネチェーン店です。全国に店舗を展開している他、オンラインショップも充実した品揃えをほこり、最低価格のメガネであっても全国どこへでも送料無料で販売しています。

ちなみに一番安いメガネは料金4,900円(税別)からあります。また通常、メガネ店においてあるメガネはフレームのみの代金が示されており、フレームを決定した後に度数や近視や遠視、紫外線対策など様々なオプションを組み合わせてメガネレンズを決定します。だから最終的な料金はレンズに左右されます。

しかしJINSのウリは「レンズの変更は追加料金なし」という点です。薄型レンズや紫外線防止加工がレンズの料金に組み込まれています。レンズの厚さに悩んでいる人間には嬉しい料金体系です。

レンズ交換の料金はこちら

料金の心配は解決しましたが、今使っているメガネにも愛着はあってなかなか踏み切れません。

そんな優柔不断ぶりに業を煮やしたのか、友人が助言してくれました。「メガネのフレームは買い換えず、レンズだけ買い換えればいいのよ。」と。「そうかその手があったか」と納得です。しかしメガネのレンズだけの交換ってどれくらいの料金なのでしょうか。

まずJINSの公式ホームページを見てみると、「店舗のみの取り扱いでインターネット注文は対応外」とのことです。そもそも他社製フレームへのレンズ交換は2015年5月から始まった新しいサービスのようです。店舗に他社製フレームを持ち込んだ場合のレンズ交換は、料金5,000円(税別)で対応してもらえます。遠近両用(一つのレンズで二つの度数という便利なレンズ)タイプには、さらに5,000円(税別)のオプション料金を支払うことで作成可能です。

もともと全てのレンズが薄型非球面レンズで紫外線対策コーティングも施されています。JINS店舗でフレームとレンズを一緒に購入するよりもやや高めの価格設定ですが、レンズ単体で考えるとこの料金設定は魅力的です。

気になるJINSの評判ってどんなもの?

optical_glasses_201803

出典:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/optical_glasses_201803.jpg
料金と販売スタイルは分かりました。あとは実際にJINSでメガネを作った人の感想が気になります。気になるユーザーの声を調べてみました。

「みんなの評判ランキング」
参考URL:http://minhyo.jp/
こちらの口コミでは格安メガネ評判ランキングで1位に輝いておりました。

やはり視力が悪い人の悩みである「レンズが分厚くならないように加工したいけどオプション料金がもったいない」に対する「レンズの薄型加工料金・紫外線対策タダ」という姿勢が好評です。

ただし、店舗によっては店員さんの対応に不満が残ったという声もありました。メガネの品質そのものはお値段以上の満足感を得られるようなので、心配な場合はインターネット注文を活用すると良さそうです。

まとめ

フレームの種類がたくさんあり、通常のメガネ店ではオプション料金を取られる「レンズの薄型加工料金がタダ」なのはとても魅力的です。他社製フレームの持ち込みでも実店舗であればレンズ交換に応じてくれるのもポイントの一つです。愛用のメガネのレンズだけを変えるときも重宝しそうです。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)