犬の歯磨きは必要!歯磨きガムの効果やオススメの歯磨き方法をご紹介!

ペットと一緒に暮らしているみなさん、健康管理はどれくらい気を付けていますか?せっかく縁あって家族の一員となったペットですからできる限り長生きして貰いたいですよね。飼い主としてはできるだけの手段を講じてあげたいものです。

でも気を遣っているのは食事管理や運動管理だけではありませんか?歯磨き、していますか?先日ペットショップをのぞいたら「歯磨きガム」なるものが置いてあってびっくりしました。歯磨きって犬でも必要なんですね!そこで今回は犬の歯磨きにまつわる話について、どんな歯磨き方法が効果的なのか調べてみました。

犬に歯磨きは必要?

人間にとって歯磨きが重要な意味を持つように、犬にとっての歯磨きも重要な意味を持ちます。歯は食事をする際に重要役割を果たすので、虫歯や歯石で歯がぐらぐらしていると、犬の健康が脅かされるのです。

もしも歯磨きを怠り、犬が歯にまつわる手術を必要とする病気になってしまうと、最悪の場合麻酔が必要になります。しかし犬によっては、麻酔に身体が耐えられない場合もあるのです。 麻酔無しの手術は相当の負担を犬にかけますから、事前の予防が必要となります。健康管理のためにも、しっかり犬の歯は飼い主が磨きましょう。

歯磨きガム こんな効果があります

「歯磨きの大切さは分かっているけど、うちの犬は歯磨きが大嫌いだからなかなかできない」とお困りの方、歯磨きガムはいかがでしょうか。歯磨きガムはおやつ感覚で食べさせることで歯磨きの効果を発揮します。

もぐもぐと犬に噛ませるだけで歯磨きと同じ効果のあるガムは重宝しますよ。ガム以外でも骨やひづめでも効果はありますが、意外と犬の歯はもろいので力加減を間違って歯が砕けてしまうこともあるのです。その分、歯磨きガムは犬のサイズに合った商品がそろっているので安心して与えられます。より効果を引き出すためには、以下の2点に注意する必要があります。

①犬の奥歯から数えて3番目の歯(下あご側)に歯磨きガムがあたるように調整して食べさせる
飼い主が手に歯磨きガムを持ち、そのまま犬に食べさます。この方法だと歯石や歯の汚れが溜まりやすい場所を重点的にケアできます。

②出来るだけ時間をかけて与える
一瞬で食べ終わってしまうとただの「おやつ」として終わってしまう可能性があります。それでは十分な効果は出ませんから、歯磨きガムの与え方やサイズには気を付けましょう。

オススメの歯磨き方法

dog_winter_snow

出典URL:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/dog_winter_snow_218623.jpg
歯磨きガム以外の「犬が嫌がらない歯磨き方法」についても調べてみました。以下の3点をご確認下さい。

①犬が小さい頃から歯磨きに慣れさせる
人間と同じで、ある日突然成犬に歯磨きをしようとしても嫌がられます。犬が小さい頃から毎日歯磨きを行っておきます。習慣化すると犬も安心して歯磨きを受けることが出来ます。

②犬のサイズに合った歯ブラシを使用する
歯ブラシは人間と同じ形状で構いませんが、大きさには拘りましょう。犬の口内より大きい歯ブラシを使うと犬も嫌がりますし、歯茎を傷つける可能性があります。

③ガーゼで汚れを拭う
指にガーゼを巻き付け、犬の歯の汚れをぬぐう方法です。人間の赤ちゃんと同じ方法です。犬の口内に指を入れても犬がびっくりしないように日頃から躾けておく必要がありますが、汚れを直接拭き取るので効果は大きいです。

まとめ

犬が生涯にわたり健康に過ごすためには歯磨きは必要です。歯磨きが嫌いな犬も、おやつを兼ねた歯磨きガムを食べさせるという歯磨き方法なら喜んで食べてくれます。効果を増大させるためにはいくつかコツがあるので、今回ご紹介した内容に沿って与えて下さいね。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)