男性が腕を組む心理とは?好きな男性の気になる気持ちを見極めて!

人それぞれ異性の好きな身体の部位が異なるかと思いますが、やはり同性にはないパーツに魅力を感じる傾向にあるようです。女性が好む男性のパーツは「喉仏がいい」「たくましい胸板がいい」「ごつごつした指が好き」と様々ですが、中でも「腕」は一見して女性とは異なるパーツなのでどうしても目を向けてしまいます。

そこで今回は、気になる男性が腕を組むとき、どんな心理を隠しているのか調べてみたのでご紹介します。気になるあの人をこっそり観察する際の参考にどうぞ。

男性が腕を組んでいるときの心理とは?

a0055_000554

出典URL:https://xn--lcss68amve34i730c.com/wp-content/uploads/2015/11/a0055_000554-300×199.jpg

男性に限らず人間が腕を組む場合、ほとんどが「自分を守ろうとする」心理が現れていると言ってもいいでしょう。腕を組むと、自分自身の身体を守る位置に腕がきます。ですから無意識下で不安や悩み、緊張感を覚えると腕を組んでしまうのです。

ニュース映像でたまにみかける、「地元民と企業の対立」の図を思い出して下さい。立ち退きや説得を試みる企業側の代理人に対し、地元の人間は腕を組んだまま何やら険しい表情を浮かべていますよね。これは、「自分の意志を曲げないぞ」という頑なな心理が表れているからです。

つまり、あなたが必死に話をしているのに彼が腕を組んだまま沈黙している場合は、「拒絶」ととっていいでしょう。話題を変えるか、アプローチの作戦変更を行ったほうがいいです。

腕の組み方に注目してみよう

とはいえ、「腕を組む」という行為は細部をよくよく観察してみると違いがあります。

まず、組んだ腕の先、指先はどうなっていますか?もし、握りこぶしを作っている場合は、相当全身に力が入っている証拠です。流れを変えるべく画策した方が良いでしょう。腕を組んでいても指先が自由に動いている場合は、実は自信の表れです。社長さんや社会的に高い地位にいる人ほど、会話の最中に腕を組んでいることが多くありませんか?腕を組むことで自分を大きく見せているのです。そういった性質のある人は、うまく話を誘導すると相手が腕組みをやめ、前傾姿勢になる可能性があります。

腕の動きだけではなく相手の表情も見ながら、臨機応変に話題を変えていきましょう。

まとめ

男性が腕を組むのは、「自分を守りたい」という心理の表れです。つまり「自分の意見を変えないぞ」という確固たる意志や、あなたとの関係が現状から変化することを望んでいないのかも知れません。

しかし組んだ腕の指先の動きによっては、まだ嫌なムードを払拭するチャンスは残されています。相手が腕を組んだら表情や指の動きを見ながらその心理を見極め、話題を変えましょう。その場の相手の気持ちを読んで対応すると、のちのち後悔せずに済みますよ。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)