耳が聞こえにくい…!原因はストレスや耳垢が関係しているの?

「最近、なんだか人の話が聞き取れずによく聞き返してしまう」なんてこと、ありませんか?あまりにも頻繁に起きると、自分の耳が正常かどうか心配になってきますよね。仕事にも私生活にも影響がありますし、「そのうち全く耳が聞こえなくなったらどうしよう」と思うと不安になります。

耳が聞こえにくいことと若干意味合いが異なるかもしれませんが、そういえば、昔上司が耳鳴りがすると言って悩んでいたことがありました。その時の上司の状況は、仕事が出来ない部下(私・・・)のせいで、上司自身の更に上司から叱責を受けていたようで、かなりのストレス状況下に置かれていたようです。

このように、耳が聞こえにくいこととストレスは関係あるのかもしれません。また、単純に耳垢が溜まりすぎていて耳が聞こえにくいのかもしれません。実際に、耳が聞こえにくい原因について調べてみましたので、ご覧いただければ幸いです。

耳が聞こえにくい原因は耳垢?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典URL:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/coffee_music_513462.jpg

耳が聞こえにくくなる原因として真っ先に考えられるのは「耳に何かが詰まっている」です。

私の兄弟は幼稚園児の頃、耳にグリンピースを詰めてしまい「耳が聞こえなくなった」と大騒ぎした経験があります。さすがにそんなことをするのは小さい子供くらいでしょうが、耳に詰まりがちなものとして「耳垢」は大人でも十分考えられる要因です。長い期間耳垢を掃除せずに放置しておくと、耳の中で固まってしまい音が聞き取りづらくなります。一ヶ月に一度くらいの頻度で十分ですので、定期的に耳掃除することをオススメします。

また、バイクに乗る方は、夏場は虫が耳に入ってしまう経験もあるようです。耳の中に虫が入ってくるだなんて、ちょっと怖いですね・・・。「最近何だか人の話が聞き取りにくい」と思ったら、まずは耳掃除をしましょう。耳が聞こえにくい大きな原因として耳垢はあまり挙げられないかもしれませんが、もちろん耳垢の掃除もしましょう。

耳が聞こえにくい原因はストレス?

肉体的なストレスや精神的なストレスは身体に影響を及ぼします。様々な変調が身体に起きますが、その一つが自律神経の乱れです。自律神経は私たちの身体がスムーズに動くために必要な神経です。自律神経が正常に働かないことで、音が聞き取りにくくなる、つまり「耳が聞こえにくく」なります。

また、冒頭ご紹介したかつての私の上司のように、ストレスのせいで音が聞こえにくくなると、激しい耳鳴りやめまいも併発する場合があります。ストレスを受けている自分をなかなか自覚し難いとは思いますが、ストレスは溜め込まないように日頃からストレス発散の方法を身につけておきましょう。

「ストレス発散方法が分からない」という方は、いつもよりゆっくりとお風呂に入る、十分な睡眠を取る、適度な運動をする、などはいかがでしょうか。手軽にできる気分転換で十分な効果が出ます。お試し下さい。現代人は仕事が成果主義になったり、仕事の連絡が便利な携帯電話という代物のおかげ(せい?)でいつでもどこでも(海外旅行中にでも・・・)、電話がかかってきます。そのため、昔よりもストレスを感じやすい社会になっているのかもしれませんので、ストレス発散には十分に留意したいですね。

まとめ

まとめになりますが、耳が聞こえにくい原因として今までご紹介したことを踏まえ、やはり「耳垢の詰まり」や「肉体的・精神的ストレス」が挙げられます。普段からリラックスできる方法を身につけ、耳垢を取り除くなどの耳のケアもしておくと「突然耳が聞こえにくくなった」というトラブルに悩まされることもないでしょう。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)