水虫の症状について。治療には薬がとても有効!男性だけでなく女性も必見!

とある映画を鑑賞していたときのこと、作中で主人公がいかに天才かを説明するシーンで「大学生の頃には水虫を完治する薬を開発した」というエピソードがありました。このようなシーンがあるということは、そもそも水虫が薬で治らない証拠。本当に、そうなのでしょうか。

本当に治療する方法がないのか疑問に思ったので、調べてみました。また本人が自覚していないだけで実は水虫という人が増えていると聞きましたし、男性だけではなく女性で水虫の方もいらっしゃると聞いたので、どんな症状が出るのかもまとめてみました。参考までにご覧下さい。

水虫とはこんな症状

まず水虫とはカビ(真菌)で感染する皮膚病の一種を指します。カビの中でも「白癬菌」(はくせんきん)と呼ばれる菌が原因です。白癬菌が皮膚の角質層に寄生して引き起こされるのが水虫で、強い感染力があるので要注意です。

しかし白癬菌が付着しただけでは症状が出ません。白癬菌に感染し、かつ高温多湿の環境に長く足を放置した結果水虫の症状が出るのです。高温多湿状態の基準は15℃以上の気温、70%の湿度です。つまり長く靴を履く生活をしている人は、誰しも水虫を発症する可能性があるということですね。女性であっても特に冬場はブーツなどを履きますので、なんとなくイメージは男性だけがなる病気のように思えますが、女性も要注意ですね。

気になる症状ですが、以下の通りです。

・かゆみ
一番最初に感じる自覚症状で、足全体にかゆみを感じます。

・水ぶくれ
足の裏や側面などにたくさんの水ぶくれが現れます。かゆみを伴うことも多く、赤く腫れ上がることもあります。潰れると汁がでますが、この汁自体に感染力はありません。潰れた後に剥がれる皮膚が危険なのです。

・皮がむける
皮がむけたり、ひび割れたりする症状です。剥がれおちた皮からまた他の人に感染する可能性があります。

以上の症状がある方は水虫の疑いが強いですので、恥ずかしい気持ちをおさえつつ皮膚科へ行かないといけないと思っている方も多くいらっしゃるかと思います。ただし、実は自宅でも治療ができます。

水虫の治療方法はなにがあるの?

水虫は初期の段階であれば、自宅で薬を活用した治療が可能です。

ただし条件があります。もし2週間以上薬を試しても症状の改善が見られなかったり、患部が爛れてきたら医療機関を受診した方が無難です。通院と薬を併用することで治すことができます。

また、薬には「かゆみを抑える成分」と「白癬菌の殺菌・増殖防止」の効果がある成分が含まれています。購入する際は以下の成分が含まれているか確認しておきましょう。

◯かゆみを抑える成分
・ジフェンヒドラミン塩酸塩
・ジブカイン塩酸塩
・クロタミトン
・リドカイン
・l-メントール

◯白癬菌の殺菌・増殖防止
・ミコナゾール硝酸塩
・エコナゾール硝酸塩
・アモロルフィン塩酸塩
・ブテナフィン塩酸塩
・ラノコナゾール
・クロトリマゾール
・ピロールニトリン

これらの成分があるかどうか、薬を購入する際はチェックして下さいね!

水虫の治療 薬以外に方法はあるの?

child039s_foot

出典:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/child039s_foot_211536.jpg
薬を使った治療以外に、水虫に対抗する手段はないのでしょうか。

まず、水虫の原因である白癬菌は高温多湿の環境下で活動することは前述しました。なので、高温多湿の環境を作らないようにすることが水虫の対抗手段としては有効です。すぐに出来る方法としては、足下の通気性を良くしましょう。そうすると、白癬菌の活動を抑えることができます。

また、靴の中に中敷きを入れたり、5本指靴下をこまめに履き替えることで通気性を確保しましょう。毎日同じ靴を履くのではなく、日替わりで履く靴を用意しておくことも効果があります。

そして、そもそもの水虫の感染経路を断つためには、手足を清潔に保つ必要があります。お風呂で足をきちんと洗ったら、手もきちんと洗いましょう。お風呂上がりに使用したタオルはすぐに洗濯しておくと二次感染を防げます。水疱ができても破らないように注意することも感染拡大を阻止するためには必要です。ついつい、水疱が出来ると破ってしまう方が多いようですが、それは絶対にやめて下さいね!

まとめ

水虫は白癬菌に感染した部位が高温多湿の環境にあることで発症する皮膚の病気です。初期の段階であれば薬で治癒できます。市販薬を選ぶ際は「かゆみを抑える成分」と「白癬菌を殺菌・増殖防止する成分」が入っているか、パッケージを見て確認しましょう。

また、薬以外にも気を付けるポイントとして、「足下の通気性を良くする」「患部を清潔に保つ」ことが挙げられます。水虫は非常に感染力が強いので、家族に水虫の人がいたり銭湯に出かけた際はご注意下さい。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)