マイナンバー制度とは何なのか?メリット・デメリットをわかりやすく解説します。

2015年10月、ついにマイナンバー制度が正式に導入されました。世論的には賛否両論あるようですが、そもそもマイナンバー制度とは一体どのような制度なのか。いまいち理解できていない方も多いのではないでしょうか。

今回はマイナンバー制度のことをわかりやすく説明した上で、そのメリット・デメリットをご説明していきたいと思います。

マイナンバー制度とは?

 

総務省のホームページを覗いてみると、マイナンバーに関する記述としてこのような文章があります。

「マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます」

分かりやすそうでいて、なかなか分かり難い文章ですよね。マイナンバー制度自体を一言で言い表すのは難しいのですが、あえて一言で言うならば「マイナンバーは自分の分身」です。マイナンバーという記号に、自分自身の個人情報が詰め込まれています。

これまで様々な手続きをしたことがあるはずです。面倒くさかったですよね。人生でどれだけ自分の名前や住所、生年月日を書けばいいのかと。しかしマイナンバーを提出すればその煩雑な作業はほぼなくなります。

しかし、その為には行政内での情報連携が円滑に行われなければならず、まだ発行されて間もない今の段階ではそこまでのスムーズな利用は望めないでしょう。

マイナンバー制度のメリット

マイナンバー制度のメリットは大きく分けて3つあると言われています。

1.平等な社会の実現

 

生活保護の不正受給や脱税など、金銭に関する問題が日本のみならず、世界では絶えることがありません。これは人間が一生付き合っていかなければ問題でしょうね。しかしマイナンバー制度はその状況に一石を投じます。

マイナンバーを通して、所得やサービスの受給状況を把握することが容易になり、より迅速かつ的確な対応が可能となります。その結果、社会で本当に困っている人などに金銭が回るようになるんですね。

2.利便性の向上

上記にも申し上げたように、手続きの簡素化が行われます。必要な書類が減れば、必然的にそれに書き込む手間も省けますよね。意外に負担になっていたそれらの手続きを省くことで、より効率的な生活や業務を営むことが出来ます。

3.行政の効率化

 

これは企業間におけるメリットですね。企業同士が情報を共有する時、たとえば紙で受け渡しを行った場合はそれを新たに転記する必要がありますし、ネットサーバーを経由すれば、あるいはそこから情報が洩れる可能性もあります。マイナンバーを導入することで、その負担やリスクを減らすことが出来ます。

また、以下の画像をご覧ください。

mk_09

出典:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

一元管理をすると、そのデータベースが万が一破られたら個人情報はだだ漏れになってしまいます。しかし分散管理をしておけば、リスクを最小限に抑えることができます。

マイナンバー制度のデメリット

最も大きなデメリットは、やはり個人情報の流出ですね。マイナンバー制度が導入されて一ヶ月も経たないうちにそれを悪用した詐欺事件が発生しています。マイナンバー自体を盗まれても、本人確認などが必要な場合がありますのでそう簡単には起こらないはずなのですが、やはり悪知恵の働く人間はいつの世もいるものです。

関連記事:マイナンバー制度は拒否できない!メリット・デメリットについて解説します!

加えて、明言はできませんが、今後マイナンバー制度を利用する機会が増えてきた時、新たなデメリットは続々と生まれて来るでしょう。特に税に関する事項は要注意とも言われています。

まとめ

マイナンバー制度とは何なのか、わかりやすく説明させていただいたつもりですが、ある程度は分かっていただけたでしょうか。正直に言って、マイナンバー自体が今後どうなっていくのか見通しを立てにくい状況です。政府の方針にもよりますからね。

ただ一つ言えるのは、今後マイナンバーを使う機会は増えていくということです。今のうちに正しい知識をつけておくのが得策です。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)