初詣はお寺と神社どちらへ行っても大丈夫!?お正月情報をお届け!

お正月といえば様々な行事が楽しみですが、中でも初詣には子供の頃、家族とかならず行っていた思い出があります。池の亀にエサをあげるのがいつも楽しみでした。また、神社の参道にある和菓子屋さんで買い物をしたり、おみくじを引いたりと色々な楽しみがありますので、新年早々の楽しいイベントでもあります。

そんな初詣ですが、一人暮らしを始めて気になるのは、初詣はどこに行こうかという問題です。しかも、生まれ育った場所ではなく慣れない土地ですから、そもそもどこに詣でればいいのか分かりません。神社がいいのでしょうか。それともお寺がいいのでしょうか。同じような疑問をいだいたことがある方もいらっしゃるかもしれませんので、初詣でどこへ行くべきか調べてみました。

初詣に込められている、こんな意味

初詣とは神社やお寺に新年になって初めて詣でる、という意味です。「こんな一年になったらいいな」「こんなご利益下さい」と神さまにお願いするのです。元々は大晦日の晩から元旦の朝にかけて、一族の長が一族を守ってくれる神さまのお社に籠もり繁栄を祈る「年籠もり」という習慣だったそうです。

それがいつしか元旦の朝に、各自が神社やお寺に詣でる習慣に変わっていったそうです。祈る人が変わっただけで、この習慣の本質は昔からあまり変わっていませんね。やはり、このような昔ながらの習慣を大切にしているということは非常に意義のあることなのかもしれませんね。

初詣は神社?お寺?どちらに行くべき?

4d48c8a6d27d1d8574d15b333a07015e_s
さて新年の健康と繁栄、さまざまな祈願のために行う初詣ですが、神社とお寺のどちらに詣でるのが正しい作法なのでしょうか。「年籠もり」は神道の行事ですので、初詣も神社に行くのが正しいのでしょうか。

たしかに厳密に言えば、初詣は神道の考えなので神社の行事ですが、辞書を引いて調べたところ、お寺でも神社でも問題ありません。お住まいの地域によって初詣に人気のあるお寺や神社があるでしょうから、どちらにお参りしても罰当たりにはならないです。

なぜどちらでもいいのかというと、「神仏習合」という考え方があるからです。これは日本古来の神道と、大陸からもたらされた宗教である仏教の両方を信仰する考え方です。神社にお寺の機能をもたせたり、神社に仏像を奉ったりと、奈良時代から続いている風習だとか。

かなり昔から、お寺でも神社でも神さまにお祈りするのはどちらでもOKだったんですね。日本には宗教がないかわりに八百万の神を信じるというような類の話がありますが、八百万だけあって、初詣であっても「お寺でなければいけない」とか「神社でなければいけない」という縛りがないのですね。

まとめ

初詣は新年の健康と安全を祈るために詣でる行事です。元になった行事は神道の習慣ですが、詣でるのは神社でもお寺でも大丈夫です。一年の色々なお願い事をするためにも、ぜひお気に入りのお寺や神社におでかけ下さいね。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)