結婚式の費用って平均どのくらいが相場なの?ご祝儀を加味した負担額についてもご紹介

最近の結婚式は「地味婚」や「シンプル婚」が人気と聞きますが、実際には結婚式の費用って、どれくらいが平均なのでしょうか。自分自身はまだ結婚式を挙げていないので、結婚式費用の相場ってけっこう気になります。結婚式の費用の平均から、実際の負担額まで調べてみました。

結婚式の費用 全国平均はこれくらい

wedding_veil_cylinder

出典URL:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/wedding_veil_cylinder_238483.jpg

結婚情報に関する大手情報誌のゼクシィ(リクルート社)が2014年に行った調査によると、全国平均費用は約333.7万円という結果が出ています。ちなみにこの数字は純粋に挙式・披露宴にかかった費用のみです。結納、結婚式二次会、新婚旅行や結婚指輪などは一切含みません。

エリア別に見ると最も平均費用が低いのが北海道の192.3万円、最も平均費用が高いのは九州の363万円という結果に。「ハデ婚」のイメージがある愛知含む東海地方の平均は328.8万円です。なんと全国平均よりも下でした。

ちなみに「シンデレラ城で結婚式ができる」と話題の東京ディズニーランドでの挙式は約800万円(招待客50名プラン)です。やはり色々こだわると平均の上をいく値段設定になるんですね。

気になるご祝儀の平均額は?

同時期に行われたゼクシィの調査によると、ご祝儀の平均額は約227.9万円という結果でした。ブライダル総研の調査によると、個人が出すご祝儀の平均は以下です。大体そうだろうなぁという相場でした。

①新郎新婦が親族の場合   5.5万円
②新郎新婦が友人・同僚の場合   3万円
③新郎新婦が部下の場合   3.9万円
④新郎新婦が教え子の場合   3.7万円

となっています。親族からのご祝儀平均は高めですが、新郎新婦よりも年下の親族の場合は金額も低くなる傾向があるようです。さらにどれくらいの人数、どのくらいの関係性の人間を結婚式に招待するかでご祝儀額は変わってきます。

関連記事:結婚式の費用は親が負担するべきなの?援助してもらった人の割合もご紹介!

結婚式の実質負担額ってどれくらい?

では実際、結婚式を挙げる場合にどれくらいの実質負担額を覚悟しなければならないのでしょうか。

平均額で言うと費用が333.7万円、ご祝儀は227.9万円です。つまり差額の105.8万円は自分たちで支払わなければならない計算になります。
やはり「ご祝儀だけで挙式が挙げられる」とはいかないようです。しかし結婚式を挙げた人のうち、約7割が「親からの経済的援助を受けた」とのこと。

また、全国平均よりも著しく結婚式費用の低い北海道ですが、北海道では結婚式は「会費制」とするところが多く、披露宴というよりは結婚式の二次会に近い雰囲気です。地域の習慣や呼んだ人数の規模などにも結婚式の負担額は大きく左右されます。

まとめ

結婚式費用の全国平均は約333.7万円、ご祝儀は平均で約227.9万円、差額は105.8万円です。つまり実質的に負担するのは約106万円が相場ということになります。

たった1日のためにこれだけの金額が動いて、結婚指輪や新婚費用は別だといいますから、地味婚やシンプル婚が流行するのにも頷けます。とはいえ、人生でそう何度も味わえない特別な日のための費用なのでこれくらいかかっても仕方ない、とも感じます。どんな結婚式を挙げるにしろ、思い残しがないように計画できたら素敵ですね。

関連記事:結婚式に出席者への年賀状のマナー特集。ひとことメッセージはどんな文章を書けば良い?






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)