すごく痛い・・・!風邪を引くと関節痛がする原因と対処法について。

暖かい日が続くなぁと思っていたら急に暖房をつけなければと思うような寒い日が訪れたり…と気温の変化が本当に激しいですね。こうも気温の変化が激しいと体調を崩しやすくなって風邪をひいたり、なんかされていませんか?なんて言う私はもう早速風邪をひきました。

今回の風邪は咳や鼻水、くしゃみくらいで治ってきたのですが、ひどいときは熱が出て関節痛がしてきます。大人になると発熱も関節痛も本当につらくて布団から動けません。あの関節痛って筋肉による痛みと違って、なんとも言えない体の中からの鈍い痛さで辛いですよね。

けれど関節痛ってどうして起こっているんでしょうか。個人的には風邪の症状であの関節痛が一番つらいです。どうにかして治す対処法はないものでしょうか。

原因が分かれば対処法も見つかるかも知れません。詳しく調べてみました。

関節痛の原因

私たちの体にはウイルスという侵入者から戦うための免疫機能が備わっていますよね。風邪の時に熱を出すのもその免疫機能によるもの。それと同じで実は関節痛もその免疫機能によるものだったのです。ウイルスが直接の原因ではなかったんですね。

ではどういう仕組みで免疫機能が関節痛が起こしていたかと言うと、まず、当たり前ですがまずはウイルスが身体に侵入します。

すると白血球がある物質を出します。その物質の名前はサイトカイン。サイトカインは体中の細胞にウイルスという侵入者が来た事を知らせます。白血球はウイルスと直接戦うだけでなく細胞への警告という役割も担っているのですね。

けれどこのサイトカインには一つ困ったことがあります。もしも白血球がサイトカインを出し続けて、警告し続けていれば、体はサイトカインの刺激に耐えられなくなり臓器が正常に働かなくなる原因となってしまうのです。全身に警告を出すということはそれだけ力のいる仕事だからこそ、サイトカイン自身も強い物質となっているのでしょうね。

ウイルスと戦うために細胞に警告を出すのに、体を痛める作用まであっては本末転倒ですよね。

だから、そんな事態を防ぐために体はサイトカインが出たと察知すると白血球にサイトカインを止めてもいいよ、警告を受け取ったよというサイン代わりにPGE2を出します。

PGE2のおかげで私たちは風邪のたびに臓器不全を起こさずに済んでいるのです…が!このPGE2こそが原因となって起こるのが関節痛だったのです。

PGE2の主な働きはウイルスに太刀打ちできる免疫力にするため発熱を促すことです。けれど発熱を促すときに関節痛まで起こしてしまうんだとか。
関節痛を抑える物質も出してくれればいいのに、そこまでうまくはできてないのですね。

出典:http://health-to-you.jp/wp/wp-content/uploads/2014/03/0326018.jpg

出典:http://health-to-you.jp/wp/wp-content/uploads/2014/03/0326018.jpg

対処法

体の中からとは言いましたが、本当に体の中から起こっている関節痛だったとは驚きです。ウイルスが悪さをしてという原因があるのであればウイルスをやっつけるための薬を飲んだりと対処法もあったのですが、これでは有効な対処法がありません。

関節痛は免疫機能によるもの…痛み止めの薬で止めてしまうということは免疫の働きを邪魔することになってしまいます。痛み止めの薬って大抵が解熱の作用もありますから、無理に下げるのも免疫機能を邪魔をすることになっています。寝られないほどの高熱があって体力を奪われている場合は別ですが。

せっかく体がウイルスと戦っているのに、体の最大の敵が自分自身になりかねません。

なので薬でとりあえずの症状を抑えるよりは、しっかりと体を休め、暖かくして眠ることが一番の対処法です。無理するより休むほうが近道になることもあります。睡眠は最大の薬というわけです!

気をつけたい関節痛

関節痛が免疫機能によるものだと知って、少し、安心しましたか?けれど怖い関節痛もあるのです!

それは3日以上続く38度以上の高熱が伴う関節痛、です。ただの風邪ではなくインフルエンザかも知れません。耳にする機会が多いし、周りで罹ったことのある人もたくさんいるでしょう。インフルエンザはとても怖い病気です。その証拠に毎年死者も出しています。

インフルエンザですと市販の風邪薬や解熱剤を飲むと悪化してしまうことがあります。自己判断せずに早く病院に行って看てもらいましょう。

また、風邪やインフルエンザも治ったのに関節痛が2週間以上続く場合は膠原病を疑ってください。膠原病は自己免疫疾患と言って、自らの免疫機能で体を攻撃してしまう病気です。そもそも風邪の関節痛が自らの免疫機能で体を攻撃して起こるものですので、それがきっかけとなって治らなくなってしまうのですね。特に女性の方は膠原病になりやすいとされています。

まとめ

風邪の発熱が免疫機能によるものだとは聞いたことがありましたが、関節痛の原因までもが免疫機能によるものだとは知りませんでした。

こうしてみると風邪の症状というのはほとんど免疫機能によるものですね。やっぱり風邪を早く治すため休むことが一番の対処法のようです。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)