正月飾りはいつまで必要?関東・関西の違いもご説明します!

正月飾りはいつまでに処分すればいいのでしょうか。縁起物なだけに、雑に処分すると罰が当たりそうで不安です。ちょっと調べてみましたが、どうやらいつまで正月飾りを飾ればいいのかは諸説あるようです。実は地域に左右されるものだと知って尚更びっくりしました。地域差があるなんて初めて知りました。

調べてみて興味深かったので、みなさまにもご紹介します。関東と関西でここまで違う、「正月飾りはいつまで飾ればいいのか」についてお伝えさせていただきます!

正月飾りは何がある?

お正月に飾る「正月飾り」には様々な種類があります。門松、鏡餅、しめ飾りはよく見かける正月飾りですが、他にも羽子板や破魔矢・破魔弓、掛け軸、正月をテーマにいけられた生け花などが挙げられます。

また、どの飾りも地域によって飾り方や内容が異なり、見知ったはずの正月飾りでも他の地域のものをみると「これも同じ正月飾りなの?」とびっくりします。日本全国津々浦々、地域に根ざした飾りがあるなんて面白いですよね。

そもそも正月飾りは新年に家々を訪問する「年神様」をお迎えするための飾りです。門松は年神様に家をお知らせする目印、鏡餅は年神様へのお供え物、しめ飾りは年神様が訪れるのにふさわしい綺麗な場所ですよと示すもの、と同じ正月飾りでもそれぞれ微妙に違う意味を持ちます。正月飾りを準備するのなら、ぜひともあれこれそろえたいですね。

いつまで正月飾りを飾る?【関西編】

96b3b6af2aa95a2e3613962a20f2bf95_s

いつまで正月飾りを飾るのかは、実は地域によって異なります。大きく分類すると関西か、関東かで異なりますのでそれぞれのケースをご紹介します。

まず関西についてご説明します。片付ける日は小正月である1月15日です。なぜ1月15日なのかと言いますと、この日までが「松の内」であり、この日に火祭りの神事「どんど焼き」が行われるからです。

松の内とは年神様が各家に滞在している期間を指します。この松の内が終わる頃行われるどんど焼きでは、正月飾りを火にくべます。火はお清めの効果があると考えられていますので、神さまにお供えしたものを焼くのは理にかなった処分方法です。どんど焼きが行われていない地域でも、神社に相談するとしかるべき処理をしてくれますのでお困りの方は最寄りの神社へご相談されるのが良いでしょう。

いつまで正月飾りを飾る?【関東編】

次に関東にお住まいの方に、正月飾りを片付ける日をお伝えします。

関東も松の内が空けたら正月飾りを片付けますが、「松の内」は1月7日を指すことが多いです。なぜ1月7日かというと、江戸時代に幕府が出した命令で定められたからです。なぜ幕府がそんな命令を出したかというと、「江戸で大火事が起き、燃えやすい正月飾りは早めに処分するため松の内を短縮するように命令した」という説や「幕府を開いた徳川家康の月命日が20日のため、日にちを避けたら7日になった」という説があります。

結局、江戸幕府の力の強い関東では命令は守られたようですが、遠い関西では意味がうまく伝わらなかったようです。まさかそんな昔からの事情が影響をして関東と関西で正月飾りを片付ける日が異なっていただなんて、調べてみて驚きました。

まとめ

正月飾りは様々な種類があり、地域別に特色があります。片付ける期間も地域によって異なり、関西は1月15日、関東は1月7日とする場所が多いようです。地域によって異なるので、分からない場合は年長者に相談するのが良さそうです。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)