2016年の鏡開きはいつまでにすれば良い?意味や由来をご説明します!

お正月のお節も食べ終わる頃になると、「いつまでも正月気分にひたっていないで頑張るぞ!」と気合いを入れる人、私だけでしょうか?暮れに片付けをしたきりの部屋、そろそろ掃除をしなければなりません。

特に鏡餅は、冬とはいえ気を抜くとカビが生えてしまうので早めに片付けたいところです。ただ、鏡開きまでには飾らないといけないと思うと、毎回やきもきしますよね。

私のような主婦を悩ませる鏡開きですが、そもそも鏡開きって、いつまでにやらないといけないのでしょうか。毎年直前になって慌てて準備をしているので今回は事前に鏡開きについて調べておきました。2016年の鏡開きの参考に皆様もご覧いただければと思います!

鏡開きの由来

鏡開きとは、お正月飾りの一つである鏡餅を床の間からおろして食べる行事のことです。おろしたお餅は木槌で割り、ぜんざいに入れて食べます。

もともと鏡餅は、年神様にお供えした食べ物です。年神様は新年に各家庭を訪れる神さまで、お正月の飾りは全てこの年神様をお迎えするための準備です。つまり、神さまの食べ物の一部を分けてもらうことで、1年の無病息災を願うのです。

そんな意味があるとは私、今まで全然知りませんでした><1年の無病息災を願うということは非常に縁起の良いことですよね。もし忘れてしまったら大変ですので、鏡開きがいつからなのかをチェックしておかなくてはいけませんね!

2016年の鏡開きはいつ?

鏡開きの日にちは、全国的には1月11日もしくは20日とされています。江戸時代よりも昔は20日まで飾っていたようですが、江戸時代以降は11日を鏡開きの日とすることが多いようです。

やはり、習慣にのっとるならば、2016年の鏡開きは1月11日に行うのがベストのようです。ただし一部の地域では別の日に鏡開きを行う習慣があります。関西では1月15日の小正月に、京都やその周辺の地域では1月4日に行います。ただ、全国的にも大体は1月11日に行うことが慣習化されているようです。

地域によって日にちが違うのはなぜ?

08dc01bf8f7fb07df24e1ec62cd333661

出典:http://www.nihongonoki.com/blog/wp-content/uploads/2013/01/08dc01bf8f7fb07df24e1ec62cd333661.jpg

現代では1月11日に行うのが一般的ですが、なぜ以前までは地域によって差があったのでしょうか。それは江戸時代の武士の風習がどこまで浸透したかによるようです。

本来鏡開きは1月20日に行われていました。しかし江戸幕府を作り上げた徳川家康公が4月20日に亡くなったため、「月命日である20日に縁起物の行事を行うのはけしからん」ということで、将軍のお膝元である関東では1月20日を避けるようになりました。その代わりに1月11日に鏡開きを行うようになったのです。

江戸の風習があまり伝わらなかった関西では、松の内が明ける1月15日に鏡開きをするようになったと考えられます。ちなみに、松の内とは年神様が各家庭にいらっしゃる期間です。

年神様がいなくなってから、鏡餅を人間が分け合って食べるのですね。

まとめ

鏡開きは年神様にお供えした餅を分け合って食べる習慣です。地域によって日にちはバラバラですが、江戸時代以降の習慣にのっとった場合2016年1月11日に食べるといいでしょう。なかなか奥が深いですよね。

来年のカレンダーに鏡開きの日程を早速書き込んでおこうかと思います。やはり、人間は忘れる生き物ですので、忘れないようにしっかりと記録しておこうかと思います。皆さんにとって良い新年がおとずれることをお祈りしております。

関連記事:しめ縄や鏡餅も飾る日は大安じゃないとダメ?時間についても説明します!

関連記事:正月の豆知識!鏡餅はいつまでに準備すれば良いの?飾り方もご説明します!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)