初詣はいつまでに行けば良いの?素朴な疑問にお答えします!

お正月といえば初詣ですよね。普段は宗教に無関心でも、初詣だけはなんだか行っておかないと落ち着かない気分になります。でも、職種によっては「お正月は忙しくて休めない」なんてこともありますよね。そのため、年始から仕事が始まる方たちにとっては、元旦以外の日にちに初詣をするしかありませんよね。

正月三が日に初詣が出来ない方、そもそも、いつまでに神社へ行けば初詣とみなされるのでしょうか。一体いつまでに出かければ、初詣と呼べるでしょうか。調べてみました。ご覧いただければ嬉しいです。

初詣の意味とは

初詣は神社やお寺に、新年になって初めて詣でる行為を指します。

元々は「年籠り」(としごもり)と呼ばれる風習でした。年籠りというは家長(一家の長)が大晦日の夜から元旦の朝にかけて、一家を護る氏神さまのお社に籠もる行事です。新年の一家の健康と繁栄を願って一晩、籠もりました。そんなことがかつて行われていただなんて、お恥ずかしい話しですが私全然知りませんでした。

この年籠りがやがて大晦日の「除夜詣で」と元旦の「初詣」に分かれたのです。そして祈る人は家長に限定されず、誰もが詣でるようになりました。家長しか出来なかった神聖な行為が、家族全員が気兼ねなく出来たことは良かったのではないでしょうか。

初詣はいつまでに行くと良い?

d1cebf547635e65464d9ec2af3055fed_s

初詣の起源は「年籠り」ですので、本来の趣旨通りにいくと元旦に行くのが最も望ましいことになります。しかし、冒頭申し上げたように元旦お仕事がある方や、何かと忙しい方、人混みがイヤという方もいらっしゃるかと思います。いつまでにでかければ、初詣として有効なのでしょうか。

日本の風習に沿った場合、「松の内」までなら有効だと考えられています。なぜなら、松の内とは「年神様が各家庭に宿る新年の期間」だからです。年神様は新年に各家庭を訪れる神さまですので、神さまがいらっしゃる内に新年のあれこれを祈願すると御利益が期待できそうです。

松の内は1月7日までとなっていますので、初詣は7日までに出かけるといいでしょう。初詣の混雑も5日以降は解消されています。そのため、1月5日あたりが穴場かもしれません!ただし、2016年1月5日は火曜日で平日となりますし、仕事や学校が終わってからだと人が多くなる可能性もあるので、朝早くに行かれた方が人が少なくて済むでしょう。

まあ、初詣の時期は神社に人が多く集まり、活気がありますし、神社周辺のお店で和菓子を買って食べたりなどの楽しみもありますから、そこはご自分のお好みによってされた方が良いかもしれませんね。いつまでか気になる方は、くどいかもしれませんが、1月7日までに初詣に出かけましょうね!

地域で違う「松の内」

なお、「松の内」は地域によって違いがあります。関西は1月15日、関東は1月7日までを松の内と呼ぶ習慣があります。そのため、地域によって変わりますのでご注意くださいね!ちなみに、神道の考え方では小正月である1月15日までを松の内とするのが正しいですが、関東は武士の風習が根付いて1月7日までを松の内とするところが多いようです。

自分の住んでいる地域の「松の内」はいつまでなのか、神社の神主さんや年長の親族に尋ねてみるとよく分かります。会話のきっかけに尋ねてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

初詣は元々、一家の長が家族の健康と繁栄を願って大晦日から元旦にかけて祈願のために籠もったことが起源です。新年のお願い事をするので、御利益を得るためには松の内である1月7日までに初詣は行った方が良さそうですね。皆さんの初詣が滞り無くおこなわれ、素晴らしい1年になることをお祈りしております。

関連記事:2016年の鏡開きはいつまでにすれば良い?意味や由来をご説明します!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)