喉が乾燥しないのは嬉しい!パネルヒーターの電気代を節約する方法について。

そろそろ寒くなってきましたね。暖房がそろそろ恋しくなりそうです。私、実は既に、夜だけ足元を暖めるように電気ストーブを出しています。つい最近まで夏だったのに、もうこんな季節になってしまいました。

ただ、冬には街中がイルミネーションに彩られたり、忘年会シーズンになりワイワイ楽しくお酒を飲む機会が増えたりと、冬の良さもありますよね。

話しがそれましたが、そもそも最近私が使っている電気ストーブって熱くなりすぎて、ちょっと苦手だなぁと思っていました。表面もとても熱くなりますし、小さな子供がいるので「触ってやけどしてしまわないか・・・」などと心配になります。

そこで最近気になっているのがパネルヒーターというもの。今までよく知りませんでしたが、ちょっと話題になっているようなので、電気代を節約できる使い方等を調べました。ご覧いただければ嬉しいです。

パネルヒーターとは

パネルヒーターとは遠赤外線で、じんわりと部屋を暖める暖房器具です。パネルの表面がそこまで高温にならず、触ってもやけどしません。そのため、な小さなお子様がいるお家でも安心して使えますよね。

電気ストーブは重たいですが、パネルヒーターは本体も軽く、女性でも簡単に取り扱えるので嬉しいですね☆

ただ、パネルヒーターは暖かくなるのが遅いというデメリットもあります。そのため、すぐに部屋を暖めたいという方には向いていません。

出典:http://www.soukai.com/main/image/item/z/z4582287774554.jpg

出典:http://www.soukai.com/main/image/item/z/z4582287774554.jpg

気になる電気代は

パネルヒーターのお値段ですが、安いものは3,000円から高いものは6万円ほどまでピンきりのようです。

また、節約志向の方がきになるのはパネルヒーターの電気代ではないでしょうか。1時間で約20円から30円くらいかかります。エアコンだと最近のものですと1時間5円程度ですので、パネルヒーターって結構高いものなのです。

エアコンの方が安いことは少し驚きでしたが、「エアコンの暖房は風邪があたって喉が乾燥してしまうし苦手…」という方は多いのではないでしょうか?私はちょっと暖房が苦手ですので、パネルヒーターの電気代が節約できるのであれば、使用したいと思うのですが、節約する方法はあるのでしょうか。

節約方法

パネルヒーターは部屋を暖めるのにとても時間がかかります。そのため、部屋を暖めている間に最も電気代がかかるのです。そのため、まず部屋をパネルヒーターで暖める前に、即効性のあるエアコンで暖め、ある程度まで部屋の温度が上がった段階でパネルヒーターに切り替えれば電気代を節約できると言われています。

のどが乾燥してしまうと、風邪にもなりやすいようなので、パネルヒーターの遠赤外線のじんわりとした優しい暖かさは部屋も乾燥しないため嬉しいですよね。また、エアコンとパネルヒーターのハイブリッドで節約も出来るなんて非常に嬉しいものです。

まとめ

パネルヒーターは単体での暖房機具としては電気代も高く、ちょっと使いにくそうですね。エアコンの補助として使うのが節約もできて一番良さそうです。

ここ数年はエアコンと加湿器で寒い冬を乗り切っていましたが、乾燥で喉が辛いこともしばしばありました。パネルヒーターについて少し詳しくなったので、今年は我が家もちょっと安いものからになるかと思いますが、導入してみようかと思います。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)