赤ちゃんや乳児はいつからインフルエンザ予防接種を受ければ良いの?

寒くなると流行が気になるインフルエンザですが、赤ちゃんや乳児は予防接種を受けるべきなのでしょうか。受けるとして、何ヶ月から接種できるものでしょうか。

気になる赤ちゃんと幼児のインフルエンザ予防接種事情について調べてみましたのでご紹介します。

赤ちゃんや乳児もインフルエンザ予防接種を受けるべき?

インフルエンザは死に至るほどの重病ではないイメージがあります。しかし赤ちゃんや乳児・高齢者の場合、合併症によって命の危険にさらされることもあるので侮ってはいけません。

とくに肺炎や脳炎をインフルエンザの合併症として引き起こした場合、1歳未満だと死亡する確率が全年齢中最も高くなります。死の危険を回避できなかったとしても、後遺症が残る確率も高いのです。

赤ちゃんに感染させないためにはインフルエンザの流行期は外出を控える、一緒に暮らす家族の手洗いうがいの徹底などインフルエンザウイルスを家庭内に持ち込まないのが重要です。

そしてインフルエンザに対して最も効果がある予防策がインフルエンザ予防接種だと言われています。感染は避けられませんが重症化は防げますので、心配な場合は予防接種を受けるといいでしょう。

赤ちゃんや乳児、いつから予防接種を受けられる?

4af60c5723feb2a2e427c5ac0fb366cf_s

ではいつから予防接種を受けさせることが出来るのでしょうか。

アメリカでは生後6ヶ月以上の乳児に予防接種を受けさせることを推奨しています。日本小児科学会は1歳を過ぎてからの接種を推奨しています。

そもそもインフルエンザ予防接種は、体内にインフルエンザウイルスへの抗体を作るためのものです。しかし1歳未満の赤ちゃんや乳児はまだ免疫力がついておらす、抗体を作る機能がうまくはたらきません。せっかくインフルエンザ予防接種を受けても、あまり効果がないのです。

1歳未満の赤ちゃんは予防接種のオンパレードで、肺炎球菌ワクチン、三種混合ワクチン、麻しん風しんワクチンなど重要性の高い予防接種を優先させた方がいいです。

もしも予防接種を受けさせたい場合

しかし、生後6ヶ月を過ぎて「インフルエンザ予防接種を受けさせたい」という場合があれば、受けさせることも可能です。

最近は出産後すぐに職場に復帰するお母さんが増えています。どうしても保育園に預けなければいけない場合、集団生活を送る赤ちゃんや乳児にインフルエンザの脅威は避けられません。

保育園に預けない場合はインフルエンザの流行期の外出や患者への接触を避ければ予防策になりますが、保育園ではそうもいきません。

どうしても受けさせなければならない場合は、2回接種するようにしましょう。「ブースト効果」といって、1回受けるだけより2回予防接種を受けた方が効果が高まります。予防接種を受けた後、抗体が出来るまでに1~3週間の時間がかかりますので、流行期の前に予防接種を受けさせるといいでしょう。

まとめ

インフルエンザに感染した人との接触を避ければ、赤ちゃんも乳児もインフルエンザに感染する危険は少ないです。予防接種を受けるのは1歳を過ぎてからも十分です。

しかし保育園に1歳未満の子供を預ける場合は、できるだけ予防接種を受けさせていた方が安心です。ただ1歳前の子供は予防接種の予定がたくさんありますので、前もって時期を調整してインフルエンザ予防接種を受けさせるようにしましょう。

関連記事:2015年度インフルエンザの予防接種の料金について

関連記事:2015年~2016年のインフルエンザの予防接種を受けられる時期について。

関連記事:インフルエンザの流行時期。2015年から2016年はいつが予想されているのか?






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)