インフルエンザの流行時期。2015年から2016年はいつが予想されているのか?

久しぶりに公共施設に出かけたら、マスクをしている人の多さに驚き「しまった、インフルエンザが流行しているんだった」と我に返った経験ありませんか?

私は世間の流れに取り残されていた結果、激しく後悔したことがあります。何の準備もしないで、インフルエンザに感染してしまうリスクをおかすなんて、最も避けるべき行為ですよね・・・。

寒い季節になったらインフルエンザの流行情報に敏感でないと、予防策をとるのが遅れてしまいます。気になる2015年~2016年の流行時期について調べてみましたので、みなさんにもお知らせします。みなさんのお役に立てれたら幸いです。

インフルエンザの流行時期はいつから?

インフルエンザは飛沫・接触・空気感染によって被害が拡大します。つまりインフルエンザに感染した人と同じ空間にいるだけで、感染の危険性は飛躍的に高まります。感染すると発症を抑えるのは困難ですから、予防策が重要です。

関連記事:インフルエンザがうつる期間ってどのくらい?潜伏期間についてご説明します

インフルエンザの流行時期を知っていると、人混みを避けたり外出時にはマスクを着用するなどの自衛手段がとれます。インフルエンザの流行は例年1~3月頃にピークが来ると言われていますが、その年により若干前後します。

2015年度のインフルエンザ流行予測

2015年~2016年のインフルエンザの流行時期ですが、例年通り12月から患者数が拡大し1月~2月の大流行が予測されます。

また、毎年違った型が流行するのがインフルエンザの特徴ですが、2015年はA型二種類、B型二種類の流行が予測されています。計4つの型の流行が予測されると言うことは、今年はかなり用心した方がいいかもしれません。

最新のインフルエンザ流行情報に関しては、国立感染症研究所が「インフルエンザ流行レベルマップ」を定期的に更新しています。

現在、国内のどの地域でどれくらいのインフルエンザ感染者が存在するのか、また4週間以内に流行がやってくる場合の注意報が表示されます。毎週金曜日に更新されるので、週末毎にチェックするといいでしょう。

※参考URL:国立感染症研究所サイト右端の「インフルエンザコンテンツ」からインフルエンザ流行レベルマップは確認できます。

まとめ

2015年~2016年のインフルエンザ流行時期は、例年通り1~2月と予測されています。12月を過ぎたら用心した方が良さそうです。最新の情報は国立感染症研究所がまとめているので、チェックするとお出かけの際の参考になりそうです。

関連記事:2015年度インフルエンザの予防接種の料金について

関連記事:2015年~2016年のインフルエンザの予防接種を受けられる時期について。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)