ボーリングが上手くなるコツとは?カーブの投げ方も解説!

ボーリング好きですか?とっても手軽に出来るスポーツの一つですね。実は私は大の苦手でした。

投げ方が悪いのか、どうしても思ったところにボールが転がらないのです。ただ、簡単なコツでボーリングは高スコアを狙えるようです。

過去の私のようにボーリングが苦手だという方のために、上手くボールを思ったところに投げる投げ方のコツやボールをカーブさせる方法をご紹介します。

ボールを選ぶ

出典:http://www26.tok2.com/home/okazakibowlingjr/photo/g2.jpg

出典:http://www26.tok2.com/home/okazakibowlingjr/photo/g2.jpg

ボーリングにおいてボール選びは非常に重要です。ボールが自分に合っていないと投げにくくなり、思ったところへボールは転がりません。

ボーリングのボール、重いですよね。私はよく軽めのものを選んでしまっていましたが、実はこれが間違いでボールは重い方がバランスが取りやすいのです。女性でも10ポンド以上のものを選ぶようにしましょう。

そして指穴が中指、薬指が少しきつめで、親指がスポっと抜けるものが良いようです。

投げ方のコツ

実はレーンにボールを投げる目安が書いてあるのです。三角のしるしがついてますよね。あのしるしがその目安です。

右利きの方でしたらあのしるしの真ん中から数えて右2番目くらいを狙うとストライクを狙いやすくなります。

また投げ方のコツはボールを無理に力でコントロールしようとしないことです。

ボールを持つ手を振り子の棒、ボールを重りのように感じながら、しっかり脇をしめ、大きく腕をふりボールの重さに任せたままに手から放してみてください。

肩の力が抜けてスッとまっすぐに転がっていきます。私もこの投げ方を身につけてから、信じられないほどボールが投げたい場所へ行くようになりました。是非、お試ししてみて下さい。

スペアのコツ

ストライクでなかった場合、二投目はスペアを狙うことになりますよね。

ど真ん中を割ってしまった場合(スプリット)はさらなる技術のある投げ方が必要になりますので、苦手な方はどちらかだけのピンを狙うようにしましょう。

スペアを狙うコツは、残ったピンの反対側から投げることです。端のピンを正面から狙うとガーターしやすくなりますので斜めの位置から狙うのです。

私はこれを知らずよくガーターさせてしまっていました。

カーブの投げ方

ボーリングでカーブを投げることが出来たらカッコいいですよね。実はカッコいいだけでなくカーブの方がストライクを取りやすいです。

ストライクを取るにはある程度角度があった方が良いのですが、ストレートなボールではその角度を出せません。けれどカーブは曲がりながらピンに当たるのでちょうどいい角度からピンに当たるというわけです。

カーブを投げるコツは指をあまり深くまで入れないことです。中指と薬指の第一関節まで入れ、ボールを前に出せば自然と親指が抜けてしまうくらい軽く親指を入れます。

そしてあまり大きく振らず、ボールが手のひらを転がるように手から放します。感覚をつかむために練習は必要ですが、誰でもカーブを投げることが出来ますので頑張ってみてください。

まとめ

ボーリングの投げ方のコツ、意外と簡単なものばかりではなかったでしょうか。

苦手だなぁと思ってながらも予定がある方、やったことない方、ほんの少しだけ投げ方のコツを気にしてボーリング場へ行ってみてください。何回も試してみていただければ幸いです。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)