風呂掃除には重曹とクエン酸が効果的!カビを撃退する方法!

お風呂掃除用の洗剤は様々な種類が販売されています。しかし化学洗剤は手荒れや人体への影響がどうしても気になります。

うっかり身体の中に入ってきても大丈夫な掃除道具として重曹とクエン酸が注目を浴びていますが、実際どのように使用するか分からないので調べてみました。

同じような理由でお悩みの方、参考になりますので是非ご覧下さい。

bc2034fd963a355633d66b6d409e64a6_s

重曹とクエン酸を風呂掃除に活用するワケ

どうして重曹とクエン酸を風呂掃除に使用するといいのでしょうか。

まず第一の理由は、手荒れがなく人にも環境にも優しいからです。重曹もクエン酸も自然界に存在する物質ですから、生態系を破壊するおそれがありません。

またお風呂専用洗剤は効果が劇的に表れる、という点では確かに魅力的です。しかし場所に応じた専門洗剤を揃えると、収納場所に困ることになります。

しかし重曹とクエン酸ならば家の中の汚れは大抵落ちますので、これだけ揃えていれば掃除に困ることはありません。

そもそも重曹は人間から排出される手垢を、クエン酸は水垢とミネラルを中和するのに向いています。家の中の汚れはほとんど手垢と水垢ですので、この二つがあれば心強い味方となります。

重曹とクエン酸を使用したカビ取り方法

では重曹とクエン酸をどのように使ってカビを撃退するのか、その方法をお伝えします。

まずは気になる汚れにクエン酸スプレーを吹き付けましょう。原因が石けんの場合、クエン酸が汚れ落としに効果を発揮します。

クエン酸スプレーの作り方は簡単。水200mlに対しクエン酸を小さじ2の割合で混ぜるだけです。もしも汚れがなかなか落ちない場合はスプレーを吹き付けた上からラップをかけ、2時間放置して下さい。2時間後ラップを外してこすると、きれいに落ちます。

もしもこの方法で汚れが取れなければ、カビの原因は石けんや水垢ではなく人の垢が原因です。人の油脂を分解する機能がある重曹を使いましょう。

使い方はクエン酸と同じです。重曹はスプレーよりもペースト状のほうが効果を発揮しますので、重曹を少量の水でとかしてペースト状にしたら、気になる汚れの上に直接塗布して下さい。ラップをかけて2時間放置すると効果が増します。

参考URL:大掃除のコツ!重曹水でお風呂掃除

重曹を使ったお風呂の掃除方法について解説した動画です。字幕ですので読みやすいです。クエン酸を使った掃除方法も手順は同じなので参考にされてみてください。

重曹とクエン酸を使う際の注意点

万能かに見える重曹とクエン酸ですが、注意点がいくつかあります。頭の片隅に留めておいて下さい。

①クエン酸は大理石を溶かします。鉄製品が錆びる原因にもなります。人工大理石も、メーカーによっては影響を受けますので注意が必要です。

②クエン酸は塩素系の洗剤と混ざってしまうと、有害ガスを発生させます。塩素系洗剤と同時に使わないで下さい。

③重曹はアルミを変色させてしまいます。アルミが使用されていない場所で使用しましょう。

④重曹の種類に注意が必要です。重曹は医療用、料理用、掃除用が存在します。人体への影響が不安な方は料理用とパッケージに明記された重曹を購入しましょう。料理用でも掃除用と同じように使えます。

まとめ

重曹とクエン酸を利用した掃除は人にも環境にも優しいです。重曹は手垢、クエン酸は水垢に強いので双方の特色を活用して風呂場のカビが撃退できます。

裸で入る場所ですから、安全な環境でありたいですよね。重曹とクエン酸と使用して掃除してみて下さい。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)