マスクの付け方に要注意!表裏の見分け方についてもご紹介!

花粉症から風邪、インフルエンザの時までマスクにはお世話になってます。これからは寒くなってきて風邪の季節ですから予防のためにマスクをする人も増えてくるのではないでしょうか。

私はブタクサというキク科の植物の花粉症ですので8月頃からマスクが必要になります。

実はマスクは正しい付け方があり、正しく付けないと効果が大幅に減ってしまうとご存知でしょうか?マスクには上下、裏表があります。ぜひ、覚えてマスクの効果を100%発揮させましょう。

マスクの上下

出典:http://nikibi-nakunaru.com/wp-content/uploads/2015/06/mask.jpg

出典:http://nikibi-nakunaru.com/wp-content/uploads/2015/06/mask.jpg

マスクには上下があります。これはご存知の方も多いかも知れません。鼻にフィットする用に針金が入っているのでこちらを上にしてください。

そして針金を鼻隙間なく沿うように曲げて、アゴはマスクの折り目を軽く広げ顔にフィットするように覆ってください。フィットさせないと隙間から空気が入ってきますので注意してください。

これでマスクの上下はOKです。

マスクの裏表

裏表があるのは意外ではないでしょうか。正直、私も知りませんでした。上下はあっても裏表はないと思っていましたが違うんですね・・・。

外気にあたるのが表とした場合、表はマスクの折り目が下を向く方です。これが逆になると折り目に埃や花粉が溜まってしまい、悪い空気をダイレクトに吸うことになってしまいます。

これは非常に大変です。裏表が逆になるとせっかくマスクをしているのに意味がないどころか逆効果になってしまうのですので、正しいマスクの付け方を覚えていただけたらと思います。

気を付けたいこと

意外とやってしまいがちなことなのですが、マスクをつけたとき、マスクの表面を触ってしまっていませんか?私は気になってつい触ってしまいます。けれどこれ本当に良くないので触らないようにしてください。

なぜなら、マスクの表面にはアレルギー物質からウイルスがたくさんついています。その悪いモノたちがマスクを触ることによって手に付着します。そしてマスクを外すとき、あんまり手を洗ったりしませんよね。

もしうっかりその手で口や鼻を触ってしまったら手についたものが身体に入ってきてしまうのです。それだけでなくマスクを触った手でスマホなどを触れば、スマホにもウイルスが付着します。せっかくマスクで防いだものが、手によって広げられてしまうのです。

ですので、マスクの表面を触らないようお気をつけ下さい。

まとめ

マスク、私はちょっと苦手です。

私と同じように苦手なのを我慢してマスクをしているのに効果がないどころか逆効果だったなんて、そんなことにはならないようにマスクの正しい付け方を試されてみて、アレルギー、ウイルスを予防していただけたら幸いです。

関連記事:暖冬だと花粉症の時期は変わる?2016年2月・3月の予想は?

関連記事:花粉症の症状はだるさ・発熱・せき・のどの痛み?対策についてもご紹介!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)