突き指の治し方をご紹介!薬指・中指・小指・親指・人差し指全てをご紹介。

突き指は特に球技経験者の方のほとんどが経験している指の怪我ではないかと思います。

指先からの衝撃によって、まさに指を突いて関節がめり込んだような気がしてしまうのですが、実は突き指というのは指の関節が捻挫している状況を言います。

指を引っ張って治そうとする方も多いですが、引っ張るのは関節をより痛めますので絶対にやめてください。私はよくやっていましたが・・・。小指、薬指、中指、人差し指、親指、全ての指での正しい突き指の治し方をご紹介します。

出典:http://blog-imgs-24.fc2.com/k/e/n/kenkou9/SS053.jpg

出典:http://blog-imgs-24.fc2.com/k/e/n/kenkou9/SS053.jpg


突き指の正しい治し方

突き指と言っても症状は様々です。骨折している場合もありますがそれは素人では分かりません。ですので突き指をしてしまったら病院で看てもらうのが正しい治し方です。

すぐには病院に行けない場合もあると思いますので、病院ではなくご自宅や学校などですぐに行う対処法があります。実は、その時にすべき対処はは小指、薬指、中指、人差し指、親指でも変わりません。治し方というよりは応急処置になりますことをご了承ください。

突き指をしてしまったら下手に動かさず、痛む部分をしっかり氷水で冷やしてください。スポーツをしている方でしたらコールドスプレーなどを常備しているかと思いますので、コールドスプレーを使用するのも手段です。

もしコールドスプレーがあるのなら、氷水を準備する間にシュッと吹きかけておくと良いでしょう。ただコールドスプレーは長時間冷やすのためのものではないので注意してください。

冷やしたあとは、テーピングやサポーターなどで指の関節を動かせないように固定しておいてください。

親指が突き指した時は要注意

親指の突き指に関してですが、親指は他の指に比べて強い構造で突き指に至りにくいので突き指になってしまったときは症状が重くなりやすく長期的な治療が必要になってきますので、他の指と比較すると病院へ行った方が良いかもしれません。

基本的な治し方は冷やすこととテーピングなどですので他の指と変わりません。

まとめ

冷やして痛まないように固定したあとは自己判断せずに病院に行ってください。

もう一度言いますが、応急処置をご説明しましたが、やはり病院に行くのが正しい治し方です。小指、薬指、中指、人差し指、親指のどの指に関してもです。

個人的に自分が突き指をしていた場合を思い出すと、大体が中学生や高校生の体育の時間や休み時間にバレーボールなどの球技をしていた時でした。そういった場合、球技を続けたくて突き指してしまっても、指を引っ張って治った気になっていました。

今回の記事を読んでいただいた方は、若かりし頃の私のような間違いを二度としないでいただければ幸いです。

また、突き指の症状がひどい場合ですが、放っておいて指の稼働範囲がおかしくなったという話も少なくありませんので、きちんと病院で看てもらいましょう。

関連記事:指の第一関節ってどこ?曲がると痛い時ってどんな病気?






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)