2月上旬・中旬・下旬にふさわしい時候の挨拶【学校編】

2月といえば冬も終盤。あと少し我慢すれば、暖かい春がやってきます。そんな季節にふさわしい時候の挨拶とはどんなものでしょうか。今回は、2月なら上旬でも中旬でも下旬でも使える、学校で使える時候の挨拶文をご紹介します。

2月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶で使える言葉

2月の時候の挨拶で使える言葉としては「立春」があります。「立春」とは、春の始まりを意味します。通年ですと2月3日の「節分」がこれに当たります。ちなみに「節分」とは「季節を分ける」意味で、立春を境に、冬が終わり春が始まることを意味します。ですから、時候の挨拶では、暦の上での季節の変わり目にあたる「立春」を意識して、その前後で、時候の挨拶に使う言葉も変わってきます。

2月の時候の挨拶では、立春を意識しましょう。立春より前ですと、「立春」や「厳寒」といった寒さを表す言葉を使います。立春を過ぎると暦の上では春ということになりますから、表現としては、「余寒」や「残寒」、「残冬」といった言葉を使うのが適切です。そのほかにも「梅花」などその時期にちなんだ植物を使った書き出しもできます。

学校で使える2月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例文

さて、時候の挨拶に使える言葉を確認したら、実際にどのような文を書けばよいのか、例文をご紹介します。

「向春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「残寒のみぎり、皆様におかれましては、お風邪などめされずお過ごしでしょうか。」

また、学校では、少し柔らかい感じにした下記の例文もおススメです。

「立春とは申しますが、まだまだ寒さの厳しい日が続いております。」
「余寒なお厳しいこの頃、皆様におかれましてはご壮健とのこと、なによりお慶び申し上げます。」
「今年は例年にない大雪となりましたが、お変わりございませんでしょうか。」

次に、締めの挨拶について、2月上旬、中旬、下旬で使える例文をご紹介します。

「まだまだ寒さも厳しいですので、くれぐれもお体をご自愛ください。」
「皆様がよき春を迎えることをお祈り申し上げます。」
「立春とは申しましてもまだまだ寒さが厳しい日が続きますので、風邪など召さないようにお気を付けくださいませ。」

まとめ

2月上旬、中旬、下旬の学校で使える時候の挨拶の例文をいくつか紹介させていただきました。こちらを参考にしていただけたら幸いです。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)