2月上旬の時候の挨拶【ビジネス編】

時候の挨拶とは、手紙やはがきを書く冒頭の部分に、季節をあらわす言葉を入れた挨拶のことで、ビジネス文書でも使用します。メールでも使いますので、季節ごとに知っておくことが大事です。

2月上旬は、二十四節気では立春(りっしゅん)になります。現在の2月4日頃になり、この頃から春が始まるとされています。ビジネス文書では立春という言葉を入れることが多く見られます。2月の時候をあらわす言葉は、立春の他に余寒や梅花などがありますので、挨拶の例文としていくつかご紹介します。

ビジネスシーンにおける2月上旬の時候の挨拶の例文についてお伝えさせていただきます。

冒頭

「立春の候、貴社におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。」
「立春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」

最初に“立春の候”という立春という2月上旬をあらわす言葉を使用しておりますので、ビジネス文書を送付した時期が明確に示されています。以下は、“貴社におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。”という文書も、“貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。”という文書も、形式を踏襲したビジネス文書になっておりますので、ビジネス文書の冒頭として相応しいと思います。

寒い気候が続く場合は

「余寒の候、平素より格別のご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。」
「余寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」

余寒という言葉は、2月4日頃の立春を過ぎてもまだ寒い時などに使います。同様に春寒という言葉もあり、春になっても寒い意味で使います。立春に比べると、どちらも使用される頻度は少ない傾向にありますが、立春を過ぎても寒い気候が続く時がありますので、知っておけば便利な言葉であると思います。

季語を織り交ぜる

「梅花の候、貴社益々ご清栄の段お慶び申し上げます。」

2月の季語に梅の花を使用した文書です。梅は2月を象徴する花ですが、色や香りのイメージがあり華やかな印象を与えるためか、ビジネス文書にも時々使用されます。

その他

2月の時候の挨拶では、その他に節分や向春、早春という季語もありますが、ビジネス文書ではあまり使用されていないようです。なお個人あてには、「暦の上では春ですが、本当の春が待たれるこの頃です。」という書き出しや、「春とは名ばかりで厳しい寒さが続いています。」などの平易な表現が良く使われます。ビジネス文書は、書き出しが難しい場合がありますが、時候をあらわす言葉を使用することで円滑な文書が作成できると思います。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)