食洗機で汚れが落ちない!食器の入れ方のコツを教えます!

食洗機について「子育て中・共働きの主婦には絶対必需品」と考えるグループと、反対に「取扱いが面倒で、汚れがきれいに落ちず、自分で手洗いした方が経済的に見てもお得」と考える主婦の2派に分かれるようです。

実は食洗機への上手な食器の入れ方を習得し、一寸した前処理をするだけで見違えるほどピッカピカになるコツをお教えします。衛生面でも60~80℃の噴射熱水は殺菌効果抜群で、手洗いより格段に優れた食洗機を十分使いこなし、多忙な主婦業を乗りこなしましょう。

食洗機の構造から見て「食器の汚れが落ちない」ケースを紹介します!

食洗機は食器かごの下に上下2段の回転噴射ノズルが付いています。つまり噴射ノズルから熱水が下から上へ回転しながら噴射されるのです。

したがって以下のようなケースが起こってしまいます。

◯皿・まな板などを「平置きに近い状態でセットする」と、噴射熱水が当たらない箇所がでてくる。
◯「大量に油類・食べかすが付着した状態でセットする」と噴射熱水があたっても十分洗い落とせない、または洗った後再付着のケースがある。
◯カップ・グラスなどの深い容器類は「横置きセット」だと中まで噴射熱水が当たらない。
◯「汚れた面を外側に向けてセットする」と汚れ面に噴射熱水が当たらない場合がある。

このように食洗機の構造・食器の形状を考えた「カゴへの入れ方のコツ」を理解しないことが汚れが落ちない原因となってしまうのです。

食洗機への汚れが落ちやすくなる食器の入れ方のコツを紹介します!

上記と異なる「食器の入れ方のコツ」をマスターするだけで、汚れが各段に落ちやすくなります。具体的には以下のようにしましょう。

◯食べ残し物・大きな汚れはあらかじめ、廃棄・紙等で拭いてからセットします。
◯手洗いでも落としにくい汚れは、食洗機に入れても落ちにくいものです。入れる前に、簡単な水洗い・つけ置きして汚れを落としやすくしておきます。

これらの代表的な例がグラタン・茶碗蒸しなどの“こげ”と“こびりつき”、乾いて硬くなったご飯粒、鍋・フライパンの“こげ付き”などです。これらのしつこい付着物の前処理を行うことで、食洗機の負担がず~っと軽くなるのです。

茶碗に付いた“ふりかけ”なども、洗い終わった食器に再びついてしまうので、あらかじめ水洗いしておくことが大切です。また、カップやグラスを入れる時は以下のようにしましょう。

◯カップ・グラスなどの深い容器類は、噴射熱水が中側にも当たるように下向きにセットします。

ここで注意したいのが、カップ・グラスの底部にすすぎ水が貯まってしまうので、すすぎ水がこぼれるよう少し斜めにセットすることです。食器の入れ方の基本的なコツはケージの中で汚れている部分を内側に向けてさらに、少し傾けて噴射熱水がスムーズに落ちる様にセットします。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)