節分とは一体何?伝統行事や福の神にまつわる話をご紹介!

節分と言えば、小さい頃に豆まきをしたという人も多いのではないでしょうか。イベント好きの日本人ですから、何かやらずにはいられない。最近では恵方巻のCMも多くなってきたなぁと感じています。鬼を退治して、福の神を呼び込むためにも、改めて節分とは何なのか、その伝統行事や福の神にまつわる話をお伝えさせていただきます。

節分とは

そもそも節分とは何のか、知っていますか。「節分」という漢字が表しているように「季節」を「分かれ目」のことを指しているんです。ということは、日本は四季がある国です。季節の始まる「立春、立夏、立秋、立冬」がありますよね。そうなんです。季節の分かれ目は、「節分」は本来「4回」存在しているんです。これは、今回調べてみてハッと気づかされました。

そして、なぜ節分の時期に伝統行事があるのかというと、昔から季節の分かれ目には邪気が入り込みやすいと言われていたからなんです。その邪気を鬼に見立てて、追い払っていたんですね。特に新年が始まる季節の分かれ目は重要視されたために、旧暦の大晦日に相当する立春の前日、現在の2月3日が残っているようです。

節分にまつわる伝統行事や福の神について

節分に、邪気を追い払うための伝統行事といえば、「鬼は外、福は内」と豆をまく「豆まき」ですよね。でも、豆で鬼に勝てるのかと、子供ながらに思った事ありません?実は、「豆」というのにも意味があったのです。

豆は神事にも用いられ、穀霊が宿るとされているもの。さらに、お米よりも粒が大きく、罪や災いを払い清めるのに最適だったのです。そして、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて、魔を滅する(魔滅=まめ)という言い換えることもできます。だから、鬼の金棒に勝てるようにと、金属バットを振り回すよりも、ちゃんと「豆」をまく必要があるのです。

そして、呼び込む「福の神」はいったい誰なのかも気になりませんか?調べてみると、決まった神様はどうやらいない感じです。考えるに、きっと日本人のいろいろなところに神様は存在するという「八百万の神」によるものではないかと思います。山や海、水やトイレ、米粒まで自然のもの全てに神様が宿っているという、言ってみるとちょっと調子のよい考え方ですけど、福の神を特定しない分、よりたくさんの福や幸を呼び寄せられそうなそんな気がするのも、私が日本人だからでしょうか。

また、節分の伝統行事には「恵方巻」もありますよね。今回調べてみると、「恵方巻」について新発見がありました。実は、昔は「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻きずし」などと各地で名称は様々だったようです。そしてなんと「恵方巻」という名称は、あのコンビニエンスストア「セブンイレブン」が商品名に付けたことによって、広まったそうなのです。

しかも、1998年という結構最近のこと。これは知らなかったので驚きました。ちょっと、商売の匂いがプンプンしちゃいますけど、今年も恵方を確認して、福の神を呼び込むために「恵方巻」をかぶりつきましょう。

まとめ

小さい頃から慣れ親しんだ「節分」の行事も、改めて調べてみると発見がいくつかありました。気持ちを新たに、「豆」や「恵方巻」を準備して邪気を追い払い、福の神を呼び込みましょう。

関連記事:子供に説明したい!豆まきを保育園でする由来と理由について。

関連記事:節分で厄年の男と女がやるべきこととは何なのかご紹介!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)