2016年の春一番の時期はいつになる見込み?予想をご紹介します!

「今日、春一番が吹きましたね」なんてテレビの天気予報士が言いますけど、いったい何を基準にしてるのか疑問に思ったことないでしょうか。春一番が吹けば暖かい春はすぐそこと期待しますが、実際はすごい風で屋根が飛ばされたりする被害も報告されているので油断できませんよね。2016年の春一番はいつの時期なのかについての予想も一緒にご紹介します。

春一番って??

春一番とは、「春先にただ強い風がふくこと」と認識している方もいると思います。実際、風は非常に強いのですが判断基準がいくつかあります。以下の基準を総合的に見て判断するのです。関東での春一番であるかを決める基準は以下になります。

①2月の立春から3月の春分までの間
②日本海側に低気圧が存在すること
③それに向かって強い南風が吹くこと(最大風速が8メートル以上であること)
④前日より気温が高い

ちなみに、地域によってはこの限りではありませんのでご注意下さい。2020年までは立春が2月4日ですが、2021年以降は2月3日になる日が増えるそうです。毎年立春の日が変わることは頭に入れておきましょう。地域によって基準が違うのですが例えば九州地方(北部)は最大風速は7メートル以上です。

2016年の春一番を予想

まず前提なのですが、毎年いつでも春一番が吹くとは限りません。正直、私もこの記事を書いていて分かったのですが驚きですよね。具体例をあげますが、東京の過去のデータを見ても2013年3月1日、2014年3月18日は春一番が観測されましたが、2015年は春一番は吹きませんでした。平成に入ってからの27年間に5回も観測されていなかったのです。

なので、吹かない可能性もあるかもしれませんが、最大風速が足りないだけでそれに近い風は吹く恐れもあるようです。もし、春一番が観測されるとしたら過去5年間のデータをみると予想は3月前半から中旬にかけてに春一番が吹くかもしれないです。

また、大阪で春一番が観測された具体的な時期は2013年3月18日、2014年3月13日でしたが、2015年は観測されていませんでした。東京と比べると若干遅い年が多いようですが、2016年の予想時期は3月中旬が予想とされています。春が待ち遠しいですがこの春一番の風で体感温度は限りなく低くなります。暖かい恰好で挑まないと風邪ひくかもしれません。

まとめ

春一番の基準があったこともそうですが、春一番が観測されないこともあるんですね。一番があるということは天気予報で言わないだけで二番・三番もあるのです。春一番が吹いた次の日は気温も下がる傾向ですので、春が到来するまでは体調管理を万全にしておきたいこところです。「2016年の春一番の時期はいつなのか」ということについては、あくまで3月中旬の予想ということで紹介させていただきました。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

関連記事:2016年の春財布特集!購入時期や使い始めの作法をご紹介!

関連記事:2016年の立春は2月4日!その意味や縁起がよい食べ物もご紹介!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)