初節句の祝い方!!男の子の場合はどうすれば良いの?

子供のお母さんである女性からすると男の子の場合どう祝ってあげればいいのか頭を悩ませますよね。お子様が生まれてからは祝い事も多くなりそのお家柄・地域によって祝い方も違ってきます。親戚付き合いなど大変ですが子供のお祝い事である「初節句」はお子様の成長を祝う大切な行事なので是非やってもらいたいですね。

男の子の場合はどうお祝いしてあげたらいいのか詳しく見ていきましょう。

初節句ってそもそも何?

初節句はというのはお子様の成長を祝う行事のひとつで男の子の初節句は生まれて初めて迎える5月5日の日が「端午の節句」です。これからも無事に成長し強く逞しい男の子になってほしいと願いをこめて祝うとされています。ただ生まれてすぐこの端午の節句にあたる男の子は出産時にバタバタしているのもあって翌年に祝っても構わないみたいです。

節句に飾る人形は女の子は雛人形ですよね。内飾りといって家の中に飾るものは「五月人形」鎧を着た人形「兜」などがあります。今は兜の方が多くみられますが昔は鎧を着た桃太郎などが代名詞だったそう。外飾りは「鯉のぼり」ですね。内飾りと外飾りは意味合いが異なるようで両方飾るといいとされています。

また、「つるし飾り」といって江戸時代後期から始まって団子やまり、鯉を手作りしたものを飾るものです。成長を願う親心からはじまった風習とも言われています。

祝い方は地域によって様々

それでは、祝い方について、スケジュールを中心にご説明します。鎧や兜・鯉のぼりといった飾り物は春のお彼岸(春分の日を中日に前後3日間の1週間)が過ぎてからであれば飾ってもいいようです。しまうのはひな人形のように婚期が遅れるなど言われることはないのですが、鯉のぼりに関しては端午の節句が過ぎたら早めにしまうといいでしょう。他にも1日だけ飾る「一夜飾り」は縁起が悪いそう。気を付けましょう。地域によっては月遅れといって6月5日に祝うところもあるそうです。

祝うときに誰を招けばいいのか頭を悩ましますが、一般的に主役の両親とその祖父母を呼んで祝うのが多いようです。地域によっては祝い方が違い、親戚一同で祝うこともあるので祖父母にあたる方に相談して決めましょう。

また、お祝いに出す食事ですが端午の節句にかかせないのが「柏餅」「ちまき」です。餅を覆っている柏の葉は新芽が出るまで葉が落ちない=家が絶えないと言われ、ちまきは中国の故事に難を避ける意味を持つことから食べることになったそう。他にも縁起のいい食材を並べるといいでしょう。例えば出世魚・たけのこ・はすなどですね。特に料理にはこだわらず楽しい食卓にできることが一番ですね。

まとめ

端午の節句と男の子がいない家庭にはあまり知ることが少ない気がします。女の子の方が大々的にイベント化さえている気がするのは私だけでしょうか?節句の主役はあくまでもお子様なので楽しく、成長を祝う日にすることが大事ですね。良い初節句を迎えられることをお祈りしております。

関連記事:ひな人形の予算はどのくらい?いつから飾るのかも説明します!

関連記事:節分で厄年の男と女がやるべきこととは何なのかご紹介!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)