花粉症の薬を飲み始める時期を詳しくご説明します。

雪不足に悩んでる地域も多いくらい今年の冬は暖かいですね。ただ、気がかりなのは、暖かいまま冬を終えた後に待っているのは花粉の時期。もしかしたら今年は花粉の時期が早まるかもしれません。そうなると気になるのは花粉症対策です。

花粉症の薬が手放せない方、必見です!!飲み始めの時期と薬の効果も一緒に詳しく見ていきましょう!

花粉症の薬は風邪薬と何が違う?薬の効果は?

花粉症の症状のくしゃみ・鼻水は風邪の症状に似ていますよね。花粉症はアレルギーの一種で抗アレルギー薬が処方されることが多いようです。風邪薬は症状によって違いますが細菌に効く抗生物質の薬などが処方されます。鼻からくる風邪とよく似た症状ですが、一つの目安として鼻水の色や粘度が花粉症と風邪では異なり、鼻水が無色透明でさらさらしているとアレルギーの出方だとされています。

薬を飲めば多少なり効果を期待できますが、アレルギーの薬にも種類があります。第一世代とされている抗ヒスタミン薬は副作用が強く、眠気やだるさに悩むかもしれません。第二世代になると眠くなりにくいように改良されているようなので、運転する方にはうれしいですね。効果の出方は薬が合う・合わないがあるので医師と相談しながら服用しましょう。効果に即効性があるものは副作用のリスクが高いとされているようで、処方される薬の事はしっかり把握しましょう。

花粉症の薬を飲むべき時期について

花粉症の季節に到来してから薬を服用は効果があるのでしょうか。もちろん、服用すれば薬の効果は期待しますよね。ですが、実は一番効果を発揮しやすいのは花粉の季節に到来してからではないようなのです。

例えば、花粉が身体には入ってくるとコップに溜まっていくと仮定します。アレルギーの反応であるくしゃみや目のかゆみはある一定のところまでは反応が出ませんがこのコップがいっぱいになり溢れてきたときに症状となり現れるのです。このコップの大きさは人によって小さかったり大きかったりするので、個人差があります。このコップが溢れないようにする為に花粉が飛散する2週間前から薬を飲み始めると、ピークを迎えたときに症状が緩和されるようです。なので花粉の飛散時期はチェックしときましょう。

花粉の時期に入る前に医師に相談し服用する薬を選びましょうね。おさらいになりますが、飲み始めは2週間前ですのでご注意ください。

まとめ

薬は症状が出てからと思っていたので、花粉の驚きですね。花粉症の方にはつらい季節ですが早めに薬を服用し少しでも症状が和らげていただけたらと思います。医薬品は自己判断せず、必ず医師や薬剤師に見てもらい服用してくださいね。薬を上手に頼っていきましょう。少しでも今回の情報がお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連記事:暖冬だと花粉症の時期は変わる?2016年2月・3月の予想は?

関連記事:花粉症の症状はだるさ・発熱・せき・のどの痛み?対策についてもご紹介!

関連記事:マスクの付け方に要注意!表裏の見分け方についてもご紹介!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)