節分で厄年の男と女がやるべきこととは何なのかご紹介!

初詣のときに、神社に厄年表が出ているのを見て、「今年厄年だ」「そろそろ厄年になる」とソワソワした経験はありませんか。実は、厄年には「節分」が関係していることも知らない人も多いのではないでしょうか。節分で厄年の男性と女性がやるべきこととは何なのか確認してみましょう。

厄年について

「厄年」は、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことです。厄年には、前厄、本厄、後厄とあり、一般的に、男性では、数え年で25歳、42歳、61歳、女性では、数え年で19歳、33歳、37歳とされています。(数え年とは、生まれた年を1歳と数えます)

その中でも、「大厄」と呼ばれるのは、特に男性の42歳、女性の33歳の時です。凶事や災難に遭う率が非常に高いと言われ、十分に警戒したいところです。この「大厄」を考えてみると、年齢的に、男性の場合は、社会的にも責任が大きくなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多くなる時期なのではないでしょうか。また女性の場合も、結婚、出産など非常に多忙な時期に重なる方が多いのではないでしょうか。

さて、どうしても無視しては過ごせない「厄年」ですが、いつからいつまでが「厄年」として、気をつける必要があるのでしょうか。所説あるようですが、一般的には、「立春から節分まで」なのだそう。

節分について

なぜ、「節分」が関係してくるのでしょうか。どうやら、ただ豆まきをする行事ではないみたいです。本来、「節分」は季節の分かれ目のこと。「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あるんです。2月3日だけではないんですね。

そして、季節の分かれ目には邪気が入ってきやすいとして、中でも、年の分かれ目が重要視されました。そこで「春を迎え、新しい年を迎える」、この立春の前日の節分を最も重要だとして、現在に残っているようです。

厄年を迎える男女が、それぞれ節分でやるべきことについて

このように、「節分」は悪い邪気を追い払い、年神様と呼ばれる新年の神様を迎える為の大事なものとして、受け継がれました。子供のころには、節分には「豆まき」をしましたよね。

この「豆まき」にもきちんと意味があり、 「豆まき」で登場する「鬼」を、形の見えない災害、病、飢饉などの「邪気や厄の象徴」として追い払い、 新年に福を呼び込むための行事だったのです。

さらに、まくものが「豆」であることもポイントで、実は大豆は神事に用いられるなど穀霊が宿るとされています。そして、粒が米よりも大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であり、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて、魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じるそうです。また「豆まき」に用いる大豆は、拾い忘れた大豆から芽が出てしまうと縁起が悪いため、必ず「炒り豆」で行うことも大事です。

ということで改めて、厄年の人は「厄祓い」として、節分に「豆まき」をしましょう。厄年は、家庭不和や火事などの災いを家族の中で一番弱い人に被りやすいともいわれているため、一家の幸せを願い、できるだけ家族全員揃ってやることも大切かもしれません。
豆まきが済んだら、自分の年齢よりも1つ多く「炒り豆」=「福豆」を食べて、邪気を祓い、病に勝つ力もついて福を呼びこみましょう。

また厄年にやるべきこととして、他にもお祓いを受け、身を清める「厄祓い」や、わざと大事なものを落としたり、ご馳走を人におごり自分に損をさせるなど、自ら災厄を作り出し、今後の厄を落とす「厄落とし」など、さまざまな風習もあるようです。

男性だと、「厄落とし」と称して、ご馳走をふるまう男気あふれる勢いが素敵ですね。女性は、厄年の「結婚、妊娠、出産」が、とても気になるところだと思います。厄払い等を取り入れて、気持ちをすっきりさせ、厄に負けない強い心構えを持って臨みましょう。

「厄年」を「役年」と捉え、心身ともに鍛え、社会に役に立つ人間になるための成長の年として、是非ポジティブに乗り切りたいですね。

関連記事:初節句の祝い方!!男の子の場合はどうすれば良いの?

関連記事:2016年の厄年一覧!男女の年齢をご紹介!

関連記事:厄年とはいつからいつまで?厄払いの方法についてもご紹介!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)