チョコレートを湯煎するやり方は?電子レンジを使えば簡単失敗なし!?

チョコレートを使ったお菓子を作るとき、「最も苦手な作業はチョコレートを溶かすこと」という方、多いのではないでしょうか。全く溶けなかったり、熱すぎたのか焦げたようにカスカスになってしまったり、なかなかレシピ本の写真通りには溶かせませんよね。

そこで今回は、簡単かつ確実にチョコレートを湯煎するやり方について調べた結果をご紹介します。電子レンジを使った方法もご紹介しますので、みなさまのお役に立てたら幸いです。

チョコレートを湯煎する方法

まず基本の湯煎方法ですが、鍋とボウルを用意します。鍋の素材は何でもいいですが、ボウルはステンレス製か金属製のものを用意します。効率よく熱を伝わらせるためです。

鍋とボウルの大きさは同じくらいのサイズがちょうどいいです。鍋よりボウルが大きすぎると熱が伝わりにくく、鍋よりボウルが小さいと、チョコレートを溶かす最中にボウルにお湯が浸水してきてチョコレートが台無しになってしまいます。鍋とボウルを使用した湯煎方法は以下の通りです。

①鍋でお湯を沸かす(50℃まで)
②お湯を沸かしている間に、チョコレートを細かく刻む(コーンフレーク状になるように)
③ボウルに②を入れ、①の鍋の上に乗せる
④ゆっくりヘラでボウルの中のチョコレートが溶けるまで混ぜる

お湯が冷めてきたら一度ボウルを外し、鍋をもう一度火にかけお湯を温め直します。

ポイントはチョコレートをコーンフレークのように細かく刻むことですが、面倒な上に手も汚れますよね。最近は湯煎しやすいようにタブレット状になったチョコレートも販売されていますが、ちょっとお高いです。ですから、面倒な方は二重にしたポリ袋の中にチョコレートを入れ、めん棒で叩くと細かくなります。

台が傷つかないようにタオルをひいた上にポリ袋を置くと叩きやすいです。ただし家族に見られると驚かれるので、叩き割るのはこっそりした方がいいでしょう。

電子レンジを利用した方法

025_fd_3648x2736_all-free-download.com

出典:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/chocolate_boutique_picture_167072.jpg

チョコレートを焦がさないように溶かす方法ですが、お湯を使うほかに、電子レンジを利用するやり方もあります。

①チョコレートを小さく割り、耐熱容器に入れる
②「①で作ったもの」にラップをかけ、電子レンジで1分加熱する
③様子を見て、まだ全て溶けきっていなければ10秒延長する
④チョコレートが完全に溶けるまで③を繰り返す

ポイントはチョコレートを小さく割ることと様子を見ながら延長加熱を行うことです。どれくらい小さく割ればいいかというと、一欠片が1㎝四方以下くらいが理想的です。できるだけ全ての欠片が均一なサイズになるように割っておくと、ムラが出にくいです。

まとめ

湯煎でチョコレートを溶かすのか、電子レンジを使用するのか、やり方については好みが分かれるかと思います。電子レンジの方が洗い物が少なくて済みますが、溶かしている間は電子レンジから離れることなくきちんと経過を見守って下さい。

使用する電子レンジの性能によって溶ける時間は変わってきますので、ご自宅の電子レンジのクセを掴んでおくと、失敗せずに済みます。

関連記事:バレンタインチョコで失敗したくない女子必見!生チョコが分離する理由って何?






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)