40代の母が卒業式に出席する時に適したスーツのブランドをご紹介します。

我が子の卒業式が近付いてくると、ほっとするような寂しいような、複雑な心境になりますよね。そしてもう一点気になるのが、「何を着ていくのか」という問題です。

若い頃なら「好きなものを好きに着れば良い!」と思っていましたが、40代は社会的な地位がありますし、何より子供が見ています。あまりに浮いた格好は避けたいです。でも母だって女性です、綺麗に装って式典には参加したいですよね。そこで今回は卒業式にはどんなスーツのブランドがオススメなのか、40代の母向けのブランドを探してみました。

40代母が守るべき卒業式の服装ルールはこちら

 

まずは卒業式の服装、何を頭に入れておけば失敗しないでしょうか。基準を踏まえておけばスーツ選びも楽になります。調べてみたところ、以下の内容が鉄板であることが判明しました。

・色は黒・紺などのモノトーン色
・40代はトレンドを取り入れるよりも品質の良い物で勝負すべし
・小物(コサージュ、バッグ、ネックレスなど)で華やかさをプラスする

40代に求められるのは気品である、という結果になりました。40代だからこそきちんとしたブランド物を着こなす必要があるようです。主役はあくまで我が子ですからそこまでファッションを主張しない方がスマートですが、小物の差し色くらいの遊び心は必要です。では実際どんなブランドであれば40代母のニーズに応えてくれるのか、ご紹介します。

Theory

Theory(セオリー)は百貨店などでよく見かけるブランドです。20代から40代までの女性をターゲットに、きれいめスタイルの提案で定評のあるブランドになります。デザインはシンプルですが、美しくスタイルを見せてくれるTheoryのスーツは大人の女性が着るのにぴったりです。

気になるお値段ですが、アウターもボトムスあるいはワンピースも同じブランドで揃えると7万円前後です。シンプルなデザインであるが故に流行廃りというものがなく、何年でも着られるのでお手入れさえきちんとしていればコストパフォーマンス抜群と言えます。

Hanae Mori

ファッションデザイナーの森花恵(もり はなえ)さんが率いるブランドで、洋服は持っていない人でも蝶のモチーフをあしらったハナエモリのグッズを持っている方は多いのではないでしょうか。森花惠さんは皇太子妃が結婚の儀で着用した礼装のデザインを手掛けたり、顧客にモナコ王妃が名を連ねたりと日本を代表するデザイナーです。

Hanae Moriのスーツはツイードのスーツがオススメです。襟元のデザインがどれも凝っており、コサージュやネックレスなどの小物がなくてもスーツ一点でも十分「特別な日の装い」が演出できます。小物の組み合わせを考えるのが苦手な方にもオススメです。お値段はややお高めですが、それだけの価値はあるブランドです。

OPAQUE.CLIP

OPAQUE.CLIP(オペークドットクリップ)はイオンなどのショッピングセンターにも入っているため、気軽に家族連れでも洋服を見に行くことが出来るので便利です。

ジャケットが12,000円前後、ボトムが10,000円前後で適度に流行を押さえたセレモニースタイルを演出できるのが最も大きな魅力です。特にノーカラージャケットはフェミニンな印象を演出しやすく、定番のモノトーンカラーもありがちな「お葬式感」がなく華やかに見えます。靴やバッグ、コサージュなどの小物まで一揃いコーディネートで購入して統一感を出すのもおすすめです。

まとめ

40代のお母さんに求められる卒業式の服装ルールは「品質の良いもので上品さを演出」「主役である子供よりも派手にならない」です。予算と相談しながら、品質の高さに定評のあるブランドで購入するといいでしょう。

いつもよりお母さんがおめかししていると、子供だって嬉しいものです。子供の人生の節目に花を添えるべく、お母さんもオシャレを楽しみましょう。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)