綿棒やうがいで簡単!スッキリ!臭い玉の取り方をご紹介します!

口の中から突如出てくる白くて臭い塊、通称「臭い玉」。思ってもいないタイミングで出てくると困りますよね。今回は、簡単!スッキリ!臭い玉を綿棒やうがいを使った簡単な取り方をご紹介します。

知っていて損はしない臭い玉対策、必見です!

 

513e35e564517c1753d0c6f382a302dd_s

誰でも出来る臭い玉

臭い玉とは別名「膿栓(のうせん)」とも呼ばれ、その名の通り口から吐き出される臭くて白い塊のこと。口臭の原因にもなると考えられており、実にイヤ~な存在です。

膿栓はができる場所は扁桃腺。臭い玉ができる原因は、外部から侵入する細菌類から体を守るために分泌する免疫物質にあります。

扁桃腺から分泌された免疫物質で死んだ細菌の死骸が、喉の奥のくぼみにたまってできるものが臭い玉です。 ですから、誰にでも出来る可能性はあるのです。

臭い玉の取り方と予防方法

臭い玉が出来るのは喉の奥、くぼんだ部分。ここに免疫物質で死んだ細菌の死骸が重なって、臭い玉が出来ます。

臭い玉の取り方法のひとつに、喉の奥に綿棒を差し込み、臭い玉を直接除去するというものがあります。

綿棒が怖い場合は、喉の奥に直接お風呂のシャワーを浴びせかける、という簡単な取り方もあります。

シャワーが効果的ならうがいはどうなの?と思われるかも知れませんが、うがいは臭い玉の予防に効果的ですし非常に簡単な方法です。口内に細菌が増殖しないようにこまめにうがいすることで、臭い玉の発生を防ぐことが出来ます。

気になる方は耳鼻咽頭科で除去を

場所が場所だけに、自分で取り除くのは心配。でも、自分の口臭が気になって仕方ない。そんな方は耳鼻咽頭科を受診しましょう。「膿栓吸引」あるいは「腺窩洗浄」を行うことで、臭い玉は除去できます。

とはいえ、身体の健康を守るために必要な物質である以上、臭い玉を無理に取り除く必要はありません。無理に取り除くと逆にリンパ腺を傷つける恐れもあるのであまり神経質にならないで大丈夫です。

実は臭い玉、放置しても危険はありません。口臭の原因とも考えられていますが、虫歯や歯槽膿漏が原因の口臭もあります。

綿棒で取る方法、シャワー、うがい、病院とご紹介して参りましたが、あくまでこれらは臭い玉がある場合に有効な方法です。無いときは、出るまで取るのではなく、無ければ、無いとポジティブに捉えましょう。

まとめ

意識すると気になって仕方がない臭い玉。綿棒で取る等、簡単な取り方は色々ありますが、その一方で、臭い玉は身体が正しく免疫機能を発揮している証でもあります。あまり神経質にならないでくださいね!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)