高血圧の方は食事に注意!改善に効く食べ物一覧もご紹介!

「高血圧」と聞くと身体に悪いイメージですし、実際危険です。しかし高血圧を予防するためには何を注意すればいいのでしょうか。自分で注意するにはまず食事だと以前どこかで聞いたので、効果のある食事内容について調べてみました。

高血圧に効きそうな食べ物について一覧をご紹介します。

高血圧はこれが怖い

血圧は下の血圧(拡張期血圧)と上の血圧(収縮期血圧)を測定して判断します。高血圧とは上も下も血圧が基準を上回る状態です。

日本高血圧学会の基準だと以下の通りです。
・下の血圧:90mmHg以上
・上の血圧:140mmHg以上

血圧が高いと動脈硬化が起きます。動脈が硬くなると血液は流れにくいです。流れにくいと無理に流そうとさらに血圧は上昇し、血管自体ももろくなります。血管の状態が悪くなり、合併症が起きるのです。特に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や腎不全といった命に関わる病気は、高血圧の人ほど症状を引き起こしやすいものです。まさに高血圧は万病の元と言えます。

高血圧の原因は何が考えられるの?

高血圧の原因は主に二つに分類されます。それぞれどんな理由から来る高血圧なのかご紹介します。

①一次性高血圧

身体各部の異常に関係なく血圧が上がります。ただし血圧を上昇させる引き金は分かっています。加齢に伴う血管の老化、食習慣(塩分の多いものや高脂質)、運動不足、過労やストレス、遺伝的要素です。

②二次性高血圧

病気を原因とする高血圧です。病気を治すと高血圧も元通りの血圧に変化します。原因となる病気はホルモン分泌能力の異常や腎臓病です。

さらに理由が病気であろうとなかろうと、塩分の摂りすぎは高血圧になりやすいです。塩分を摂り過ぎると、身体が均衡を保つために水分を多く排出するので血液の量が増えます。血液量が増えると末端まで行き届けるために血圧をあげる必要があります。だから高血圧となるのです。

そして、その解決方法ですが、血液に含まれる塩分濃度を下げるためには食事を改善するのが最も近道です。

高血圧改善に知っておきたい食べ物の話

blood-pressure-638421_960_720

出典URL:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/02/16/15/40/blood-pressure-638421_960_720.jpg

高血圧を改善するために、注意したい食事のポイントはこちらです。

①塩分は1日6gまで

健康な人で1日に食べてもいい塩分の上限は6gです。「そんなに塩は摂っていないから大丈夫」と安心しましたか?しかし直接塩を摂っていなくても、塩分は様々な加工食品や調味料にも含まれています。特に日本食は醤油に味噌、その他の保存食に大量の塩分を含みます。つまり日本人の食生活ではどうしても理想の塩分量をオーバーしてしまいます。

まずは「減塩」表示のある調味料や食品を意識して購入することから始めましょう。コツコツと減塩を積み上げることで、大きな結果に繋がります。

②カリウムを摂取する

「カリウム」は塩分の排出する効果があり、塩分をとりすぎた際の強い味方です。減塩と一緒に心掛けると高血圧対策になります。それではカリウムがたくさん含まれる食べ物の一覧をご紹介します。

・野菜(特にほうれん草、ブロッコリー)
・芋(じゃが芋など)
・果物(特にバナナ、りんご、キウイフルーツなど)
・海藻類(わかめなど)

1日の摂取するカリウムの量には上限がありません。意識してカリウムを含む食物を摂り、よく噛んで食べましょう。よく噛むと薄味の食事でも満腹を感じるようになります。ただし例外があります。腎臓が悪い人です。腎臓が悪い人がカリウムを摂取しすぎると血圧が上昇するので摂取量に注意しましょうね。

関連記事:えごま油の驚くべき効能と効果的な摂取量について。

まとめ

高血圧は血液の流れを阻害させ、あらゆる病気を誘発します。解消するためには食事を改善することが重要です。塩分を控えるほか、体外に塩分を排出してくれる「カリウム」を摂取すると効果があります。バランスの取れた食事を心掛けるとよさそうです。

関連記事:亜麻仁油の効能にはがん予防も!ポイントは摂取量にあった!






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

コメント0

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)