iPhone6Sのケースのサイズはどのくらい?スヌーピーが人気と話題に!

家電量販店の携帯アクセサリーコーナーに行ってiPhone6Sのケースを探すと、商品によっては「iPhone6対応」の文字の下に新たに「iPhone6S対応」のシールが貼られていますよね。iPhone6とiPhone6Sのケースって、互換性があるのでしょうか。サイズに違いはないのでしょうか。

気になるiPhone6Sのケースについて調べてみました。また人気のスヌーピーについてもご紹介します。購入の参考にご覧いただければ幸いです。

iPhone6Sのケースのサイズはどれくらい?

まずiPhone6S本体のサイズは、高さ138.3mm、幅67.1mm、厚さ7.1mmです。iPhone6と比べると高さと厚みは0.2㎜、幅0.1㎜ほど大きくなっています。重さも15gほど増量しています。

これはiPhone6向けのケースをiPhone6Sに使用した場合、ソフトケースだとそこまで違和感なくはまる誤差です。しかし手帳タイプや金属製ケースの場合、力を込めて押し込む形になります。無理に押し込むとiPhone6S本体を傷つけるおそれがありますから、iPhone6S向けと明記されたケースを使用した方が安心して使用できます。

iPhone6Sケースで人気なのはこれ!

iPhoneのケースはシリコン素材や金属、レザーなどさまざまな素材が使用されており、全体を包み込むタイプや枠組みだけ囲んだりと形も様々です。

ネット通販での売れ筋ラインナップを見てみると、一番売れているのは手帳型ケース、続いてバンパー型、防水性ケースと続くようですiPhoneを不注意から落下させてしまい、「画面にヒビが入った!」という悲しい経験がある人ほど手帳派に転向することが多いようです。ケースをまだ購入されたことが無い方は本当に注意して下さいね。

キャラクターをあしらった手帳の人気はムーミン、ディズニー、スヌーピーに集まっているようです。どのキャラクターも世代を問わず愛される人気のキャラクターですが、特にスヌーピーは大手メーカーとコラボしたiPhone6Sケースが発売されるなど、再び人気を集めています。2015年には初めてスヌーピーが映画化されますし、注目度が上がっているのもうなづけます。

ソフトバンクが以前ディズニー携帯を発売したことを少し思い出しました。人気キャラクターとのコラボ商品は様々な場所で見受けられますよね。

まとめ

iPhone6SはiPhone6よりもサイズが若干大きくなりました。柔軟性のあるカバー素材であればiPhone6用のケースであっても流用できますが、硬めの素材だと無理に押し込むことになるので注意が必要です。

人気のケースですが、キャラクターではムーミンやディズニー、スヌーピーが上げられます。特にスヌーピーは最近注目度がアップしていますから、どれも可愛くて選ぶのに困った場合は話題のキャラクターにしてはいかがでしょうか。






暮らしの相談があればお気軽にお問い合わせください。
お電話0120-200-789にても承ります。

関連記事(広告を含む)

気に入ったらいいね!しよう!

お問い合わせ

*
*
* (公開されません)